2006年8月 4日 (金)

限りなく現在を生きて

ぱぱっちです。また久々の更新になってしまいました。

前の記事でお知らせした、yue少納言が生前に作った詞ですが、ここでご紹介をしたいと思います。

---------------------------------------------

2001年、私は友人と結成した「Multicolore」という音楽制作ユニットの
メンバーとして、自主制作のCDを発表しました。

そのCD、「Tons Pastel」の中には、yue少納言の詞が3曲収録されています。

そのうちの一曲がこの「限りなく現在(いま)を生きて」です。

私が変な解説をつけるより、詞を見てもらいたいと思います。

もし、mp3ファイルの試聴が可能な方は、少し大きなファイル(4.6MB)になりますが、
試聴サイトを用意しました。そちらで楽曲を聴けるようにしてあります。

-------------------------------------------

「限りなく現在を生きて」

限りなく 現在(いま)を生きて
とらわれた心 解き放とう

悩みごとを誰かのせいと
恨んだりしたくはない
自分で選んだ道と この場所だから

色褪せた地図 抱きしめたまま
捨てられずにいた 約束を
動き出す時 風に投げるよ
おおぞら見上げながら

限りなく 現在を生きて
とらわれた心 解き放とう
なくすことだけ おそれ過ぎて
臆病になっていたけど

香りたつ陽射し浴びて
満ち足りた花を咲かせたいよ
雨が降ってもチカラにして
強く咲く花

忙しさを自慢にしたり
言い訳にしたくはない
いつでもほほえむような気持ちでいたい

なにげない日々 仲間との日々
かけがえのない毎日に
気づかなければ退屈だった
だけど ここに見つけた

香りたつ陽射しがほら
この場所に降りそそいでるよ
まぶしい夢に目を奪われ
宝物なくさないように

限りなく 現在を生きて
とらわれた心 解き放とう
暖かい声 胸の鼓動
陽のあたる道程(みち)

限りなく現在を生きて

----------------------------------------

もちろん、当時、妻・yue少納言は将来の病気のことは予想もしなかったと思います。
そのときの、妻の詞を見ていただくことで、
妻について、別の視点からまたご理解いただけるなら、
私も非常にうれしく思います。

なお、リンク先、迷いましたが、発表済みの楽曲ですし、メンバーのクレジットを
入れたかった関係で妻・及び私も実名を表記しています。
ただ、このサイトの中では今までどおり、yue少納言、ぱぱっち でよろしくお願いします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

MICHEL CAMILO観てきたよ

ただいま帰りました~( ^-^)ノ

Blue Note Tokyoでの、Michel Camilo Trioのライブ。

もう今日も最高に盛り上がった!!

実は、私が初めて夫・ぱぱっちを見たとき、ぱぱっちは、大学の学祭でMichel Camilo のコピーバンドをやっていたのだった。
その頃は、童顔のぱぱっちが「天才ピアノ少年」のように見えたものだ。
(私より2年もセンパイだったが・・・・。)

ま、それは置いといて(/_-)/

今日の収穫。

知らない人だったのだが、Dafnis Prietoという今回のドラマーが・・・・

超イケメン~~~~O(≧▽≦)O!!!

ミシェル・カミロの音楽を聴きに行ったのだが、今日の私の視線は、このキューバ人ドラマー・ダフニスに釘付け!!!

つーか、凝視しちゃいましたね。めちゃウマイし!!

JAZZ/FUSION系のドラマーで、これほどのイケメンは初めて見た!!!

(すいません、いつもアフォなレポで・・・・・)

今日は、昔のアルバムに入っていた、私の大好きな曲「ON FIRE」もやってくれて、ミシェルの超早弾きをたっぷり見せてもらえた。

手が残像!!

他にも好きな曲をやってくれたし、聴きに行ったかいがあったというものだ。

あー楽しかった♪

一緒に行った友達とも、たっぷりおしゃべりできたし、いい気分転換になった。

ミシェルとダフニスに、ステージ降りたときにタッチしてもらえたし~。わーい♪

ダフニス様が汗を拭いていたブルーノートオリジナルタオル。

同じの、買って来ちゃった・・・・。

今度、入院することになったら、枕カバーがわりに使うつもり・・・(´- `*)

_078 

←そのタオル

           
_076_1 
←ブルーノートがある骨董通りのインテリアショップ

On Fire

On Fire

アーティスト:Michel Camilo
販売元:Epic
発売日:1989/09/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年4月30日 (日)

BOB JAMES観てきたよ

本日、行ってまいりました。青山のブルーノート東京!!
(スミマセン、今日の記事は、興味ない方には全然わかんないかも・・・)

_060

  

 

 

結婚して以来、貧乏だったり、子供がいたりして行ってなかったので、

8年か9年ぶり (ノ´▽`)ノ

昔とは、場所も変わって広くなり、見やすくなってました。

夫・ぱぱっちが英会話のレッスンがあって、ぎりぎりに来るというので、私が先に行って整理券をゲット。
そのあと、ブルーノートの向かいにあるインテリアショップのIDEEへ。

_062

 

 ←これがIDEEの外観。表参道っぽいです。

 

ここで買い物をしようと思っていたが、開場まであまり時間がなく、一通り見ただけで終わってしまった。
いい湯飲み(いや、ボウルと書いてあった)があったんだけど・・・・。

ライブに関しては、

もーサイコー!!!!v(≧∇≦v)

だった。

私が過去に見てきた、たくさんのLIVEの中でも、今日のLIVEの評価は、かな~り上位に位置する。

私は、なんとか最前列に座れた。おしっ、いいぞ~。

今回のBOB JAMESの新譜で、一緒にプレイしている上海のミュージシャンたち、The Angels のメンバーの方たちが目の前に。

チャイニーズドレスを着た美女(ほんとにキレイ)が3人と、サワヤカ好青年が2人。

特に、二胡を弾いていた、JJ Maさん。

もう、惚れました!!!ヾ(*≧∇≦)〃 キャー

鳥肌が立つほどのすばらしい表現力!そしてサワヤカな笑顔!!!

最近の日本で見かけないタイプの、好青年ぶりなのですよ。ほんとに素敵~。
古箏(お琴ですな)を弾いてた美女も、ソロとか、すげーかっちょよかったっす。

もちろん、BOB JAMES と NATHAN EAST、そして韓国のギタリストJACK LEE、ドラムのLEWIS PRAGASAM も素晴らしい~。当たり前だけどウマイ~。

みんな、すごく楽しそうに演奏していて、こちらもとても楽しかった♪

エンジェルズ・オブ・シャンハイ  

   ↑

今回の、このアルバム自体、すごく良いので、興味のある方はぜひ、ご購入を検討されてみては。

今日のライブの最後には、BOB JAMES と NATHAN EAST に、握手までしてもらいました。わーいわーい。(ミーハー)

ほんと、行ってよかったよ~ (ノ△・。)!!!

今日が最終日なので、「観にいってみて」と言えないのが残念・・・。

めっちゃ免疫力アップした感じがします。

また観たいんだけどな~。このプロジェクトではもう、来ないだろうな~(T_T)。

| | コメント (10) | トラックバック (1)