2006年10月25日 (水)

保育園の面談

今日は、保育園で保護者面談があった。

まおたんは、私が聞かなくても、その日あったことを喋りまくるので、だいたいのことはわかっているつもりだ。

とはいえ、保育士のプロの目からの気づきを聞ける貴重な機会だし、何より普段お世話になっているお礼も言いたい。大のニガテだった野菜を含めて、ご飯をちゃんと食べるようになったことはひとえに保育園のおかげだ。

そんなわけで、午後、会社を抜け出して保育園へ行った。

先生もかなり気にかけて下さっていることがわかり、まず感謝。

そして、最近、先生にも少し気になるところがあるとおっしゃる。
本当は出来ることをわざとやらないことがあるという。

理由は、「かまってほしいから」だと思う。

まおたんは、担任のえりか先生が大好きだ。家で先生のことを「だいすきえりか先生」とよぶ。

以前、お昼を食べるのが遅かったときは、先生が横についていてくれた。しかし、早く食べられるようになったら、それがなくなってしまった。
そこで、わざと最後に時間をかけたりするのだろう。

最近になってそういう行動が出てきたということで、「甘えたい欲求」が満たされないことによる欲求不満から、落ち着きのなさが出ているかもということだった。

そういえば、家でもあからさまに甘えようとすることが多くなってきた。
私も、それを許すべきか、はねつけるべきかを少し悩んでいた。

先生の見解は、一度すべて受け止めては・・ということだった。

保育園ではかなり厳格に集団生活のルールを守らせているという。
両親のいる家庭の子供でも、この時期は家でその分、つまり昼間我慢していることの反動としての甘えが出てくることが多いという。

娘・まおたんの場合はそれ以上に甘えたい気持ちが出て当然だと。

まおたんは「パパと遊んで楽しかった事」は先生にもうれしそうに話しているそうだ。
「お父さんに思いっきり甘えられるのは、今だけですから・・」と。確かにそう思う。

当然、生活のけじめはしっかりつけていかなければいけない。

でも、今の段階では集団生活を行うためというところで線を引き、まおたんが「甘えたい」と思うところは受け止めていてもよいのかな・・と思った。

いつまでも甘えさせていてはいけないのだが、現実は、「いつまでも甘えてはくれない」というところなのだろう。

とりあえず、一度少しまおたんの甘えを受け止めてみて、保育園での行動で、欲求不満による落ち着きのなさが出なくなるか、様子を見てみたいと思う。

いずれにしても、本当に保育園には足を向けて眠れない。

といいながら、方位の関係上、ずっと寝るときの足は保育園のほうに向いているのでした・・。

| | コメント (10)