2006年5月18日 (木)

「がん」に奇跡を起こす本

きのう読んだ本は、ホスピス医・森津純子先生の

Book 「がん」に奇跡を起こす本―病気を治す心と身体と生活の処方箋

著者:森津 純子
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

という本。(アマゾンに表紙写真がなかった!)
タイトル的に、あやしい?とも思ったが、目次を見たら、それほどあやしそうではなかったので、買ってみた。

自分なりに要約すると、
病気の進行や再発を防ぐためには、自分の発病前のストレスを探り、それを改善し、治ったと思っても発病前と同じような無理をしないで生きていくことが大事
・・・みたいなことが書いてあった。

先生いわく、

頑張り屋ほどストレスをため、がんになりやすいという; ̄ロ ̄)!!

自分は頑張り屋だったか?と考えると、そうだったかもな・・・という気がする。
小さい頃から、「がまん」することで、問題を乗り越えることが多かった。

社会人になったとき。
新卒で勤めた「あるメーカーの東京支社」で、美人だけどチョ~~~~性格の悪いお局に、毎日嫌がらせをされた。
お局は、ほとんど仕事をせずヒマだったので、私のあら捜しをしまくった。
「大卒だからって私より給料高いけど、ぜんぜん使えない」とか、私に聞こえるように、本社の知り合いに電話して話したり。
(客からの電話は一切取らないが、私用電話は好きらしい。
 ・・・・・・・・・・・・・・・使えねーのはオマエだろ~(-゛-メ) !!)

私が、たとえば急須に茶葉をいれっぱなしにしたとかいうことだけで、一日中ツンケンされ、仕事上でも口をきいてもらえなかったり。
私の前任者たちは、みんなイビリに耐えられず、半年で辞めていったそうだ・・・・・。

そんな中、私は、4年間に一日も有給休暇を使わずに、頑張った。
(古い体質の会社で、同じ支社にいたほかの社員も、たいてい有給はつかってなかったのである)

私は、独身だったお局が一番悔しがる辞め方「コトブキ退職♪」をしたかったし、数年の職務経験がないと次の仕事も探しにくいし、仕事自体には、それなりにやりがいを感じていたから、なんとかがまんしていた。

お局は、私の念願のコトブキ退職日、定時の5時半になる15分も前から帰る準備をし、定時のベルが鳴ると同時に無言のままダッシュでオフィスを飛び出していった・・・・・・・。
大人なんだから挨拶くらいしろよ!と思ったが、同時に、スッとした。
(その後、「あなたがやり残した仕事が、私にも回ってきて大変です」という嫌味なハガキまで送ってきた・・・・・・(-_-)。)

今考えたら、そんなことのために、
そんなところで4年間もがまんし続けなくてもよかった・・・
・・・・・・・・・・Σ( ̄ε ̄;|||・・・・・・。

その後の育児中も。
一生懸命作った離乳食を食べないし散らかしまくるし夜中12時くらいまで平気で起きている娘に、へとへとになった。
(新生児~3ヶ月くらいの頃は、朝5時や6時まで私が起きて抱っこしていないと寝てくれないこともよくあった。常に睡眠不足で、目の下に真っ黒いクマができた。)
いつもはがまんしていたが、つい、娘にどなってしまったりすると、自己嫌悪で落ち込んだ。

夫・ぱぱっちは仕事で忙しく、土日も夜も全然いなかった。
だから、私が気晴らしできる時間は、かなり少なかった。

でも、同じような状況で育児をしているひとは、たくさんいる。
ぱぱっちだって大変なのに、文句を言うのは甘えている・・・と思い、ずっとストレスを自分の中に溜め込んでいた。

これも、早くぱぱっちに相談すればよかった。
ぱぱっちは、私が何も言わなかったので、大丈夫なのだと思っていたらしい。

私は、子供のときから人に甘えることの苦手な性格でもあった(-_-;)。

。。。。。

ストレスの原因が、ハードな仕事であった場合、勤務時間を減らしたり、無理をしないようにしたほうがよいのはわかる。

でも、実際にできるのだろうか?

がん治療にはお金がかかるし、もし、治療をしなくてよくなったとしても、発病前と同じ家賃やローンを払い続けるのに、給料を下げられるのはつらい。

育児ストレスを減らしたり、家事を手伝ってもらうために、夫に仕事を減らしてもらうことでも、やはり同じ問題が生じる。

経済的問題が解決しなければ、

のんびり養生もできないのが現実では?

本の中に、

「がん」が新生活をうまく取り持って、トラブルを丸く収めてくれているケースが非常に多い

と書いてある。ウチもまさにそうだ。
私が病気になったことがきっかけで、今は家族の時間が多く持てるようになり、とても幸せだ。

だけど、ぱぱっちだって、ずっと時短勤務形態でいけるわけではない。

時短の給料は、バリバリ残業や土日出勤をしまくっていたときに比べたら、かなり減ってしまっているようだし、もし私が奇跡的に治ったとしても、天国へ旅立つことになったとしても、通常勤務に戻らざるをえないだろう。
今後も、娘・まおたんの保育園の送り迎えをしなければいけないのに・・・・。

悩みは、つきない( ̄Д ̄;)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

がんのイメージ・コントロール法

きのうは、近所のスーパーにちょっと買い物に行った以外は、ほとんどプレステでゲームしていた。

ファイナルファンタジーXII。

これが予想通りムービーが長いし、セーブできる場所が少なくて。

一度始めるとなかなか終われない・・・(-_-)。

操作になかなか慣れず、まだ戸惑いながらプレイしているのだが、やっとレベル10くらいまでキャラが育ってくれた。
召還獣とか使えるようになって、バッタバッタと強い敵を倒せるように、はやく育っておくれ!!・・・・八(^_^*)

(ゲームの話題は、わからない人にはわからないですね・・・・ゴメンナサイ)

さて、今日は本のご紹介。

がんのイメージ・コントロール法 

がんのイメージ・コントロール法―サイモントン療法による癒しへの道

↑コレ。

サイモントン療法という、がん患者や家族向けの、アメリカの医師が開発したイメージコントロールのプログラムを解説した本だ。

これは、合宿などに参加すると、きちんとした指導が受けられるそうだが、それなりに高額な出費となる。

また、この療法を指導してもらえる病院もあるが、近くにはない。

でも、

本ならCD付で2300円だし、とりあえず読んでみるかな?

と思って買った本だ。

この本では、「自分に厳しく」というのを刷り込まれている私たちに、

自分に優しくなりましょ、と言っている。

病気にとって悪いものは何かではなく、自分の健康と人生にとってよいものを探求すべきだという。

まず、自分が心地よくなれることをいくつか挙げ、それを実際にやったり、イメージしたりすることが、体によいらしい。

旅行の計画を立てるのが大好きなワタクシ。

本を読んで、さっそく、新たな旅行計画をたてた ヾ( ̄ω ̄〃)ノ

(なにしろ、思い立ったらすぐ行動するタイプなのだ・・・)

どこに泊まろうかな~

どう過ごそうかな~

お昼ご飯はどこで食べようかな~

・・・・もう、考えるだけで楽しいもんね (≧▽≦)

結局、八ヶ岳方面に1泊だけしてくることにして、予約。早く行きたーい!

無事に行ってくるぞ~ ( ̄∇ ̄o) !!!

明るい方向に気持ちを切り替えるには、自分の思い込みを変えなくてはならない。

その切り替え方も、具体的な説明をしてくれている。

メディテーションのやり方なども、書いてあった。

読むと、いくらかは気持ちが癒される本なので、気持ちが落ち込みやすい方などにオススメ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

がんに負けない、あきらめないコツ

娘・まおたんが保育園で描いた作品。タイトルは、「よしみせんせい」だそうだ。

_046 

わたしゃ、ミトコンドリアかと思ったよ・・・( ̄∇ ̄;)

(わからない人、ググって~)

まおたんアートは、現代的かつ抽象的過ぎて、まだまだ理解しづらい・・・。

きのうは、熱はなかったものの、風邪でのどが痛くて、先週一週間副作用がツラかったこともあり、相談して治療を休ませてもらった。

今日は、かなり風邪も治ってきた感じ。よかった( ^-^)

今日は、ココログがまたしてもメンテナンスで一日使えなかったので、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生の新刊
「がんに負けない、あきらめないコツ」

がんに負けない、あきらめないコツ

という本を読んでいた。

この本は、手術の2年後再発した乳がん患者さんである松村さん(NHKのがん関連番組にも出ていたから、知っている方も多いだろう)と、鎌田先生の往復書簡を中心にしたものである。

免疫療法とか、サプリメントとか、がん患者には有名な玉川温泉とか・・・

がんに負けないためにどうしたらいいのかということを、手術や抗がん剤治療・放射線治療「以外」のことについて、それぞれの専門家にたずねたりして書いてある。

玉川温泉にも、先生みずから出向いてレポートしてくれているのがすごい!

鎌田先生の本らしく、読みやすくてあたたかい雰囲気の本だが、

とりたてて目新しい話はない(-_-;;

ポジティブな気持ち、笑うこと、同病の仲間と励ましあったりすることなどが、がんを抑制するのでは・・・という感じだ。

そんなのもう、気をつけて実行してるじゃん!!

でも、松村さんが書く手紙がとても知的で、正直で、いい感じなのだ。

もちろん、私と考え方の違うところもあるけど・・・

共感できるところがいっぱいあった!!

それだけでも、読む価値はあったと思う (´▽`*)

他にも。

自分が進行がんで、はりつめた気持ちや絶望的な気持ちになっている人には、気持ちをやわらげる効果があるかも。

本のなかで鎌田先生が薦めている絵本もよさげ。買ってみようかな~と思った。

松村さんのような「行動するがん患者さん」たちも、次々旅立ってしまう。
この往復書簡を交わしていた間に病状が急速に進行し、松村さんも旅立たれた。

残念だよな・・・(ノд・。) グスン

| | コメント (5) | トラックバック (0)