« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月20日 (水)

クリスマス発表会

師走はさすがに・・
やっぱり忙しいです。なかなか更新できませんが、元気にやっておりますので・・。

12月に入って、娘・まおたんの保育園で大きなイベントがあった。

それは、クリスマス発表会。
3歳児クラス(今年の4/1に3歳の子のクラス)全員で歌と劇の発表をするという。

ことしは、「赤鼻のトナカイ」など2曲の歌と、「ぼくは王様」シリーズ(懐かしいですね・・。寺村輝夫先生も今年5月ご逝去されました。冥福をお祈りします・・)の宝石箱のお話を劇にしたもの。

そういえば、最近は主役の取り合いなどの「問題」があるので(問題なのは「親」だと思うが)、桃太郎が30人出てきて鬼をボコボコにするとか、とんでもない劇をやる幼稚園もあると聞く。幸いにも、まおたんの保育園ではそういうことはなかった。

まおたんは何の役かと思ったら、「ナレーターさん」だという。なんでも、劇の最初にしゃべるのがまおたんなのだそうだ。よく聞くと、せりふも多いし長い・・。
きっと、普段がおしゃべりなので、指名されたんだろうなと思う。

「まおたんが、しゃべらないと、始まんないんだよ。」

とトクイになっている。さすがに、先生はモチベーションの上げ方がうまいなあ、と素直に感心。

そんなわけで迎えた本番。あいにくの雨模様だったが、保育園の小さなホールは開始前から保護者で超満員。さすがに観客の数にびびるかも・・とちょっと心配になる。

というのも、まおたんは人前に出ると最初「モジモジちゃん」になる癖があるのだ。(ボタキッズでご覧になった方にはよくお分かりでしょう・・。)
で、最近少し自意識が強くなったせいか、その傾向が強まっている。

本人曰く、「恥ずかしくなっちゃう」のだそうだ。

このあたり、小さいころのyue少納言もそうだったらしい。
まあ、後のyue少納言を見ている限り、自分の結婚式でコミックバンドをやるぐらいご立派に成長されたので、まおたんも将来的には何の心配もないと思っている。

とはいえ、この局面で、しかも第一声・・モジモジになったら、ほんとに始まらない。やばいかな・・

という心配はただの杞憂だった。

まおたんは立派に「大役」を務めてくれました!やるときはやるんだよね・・。結局やる気の問題なのか・・と納得。

ちなみに、まおたんは、
「まおたんは、本番には強いんだよ~。」だと。

確かにいままでのリトミックの発表会や、義弟の結婚式のリングガールなど、直前まで「これはやばいぞ・・」という局面を、本番度胸だけで乗り越えてきた実績はある。

要領がいいのか悪いのか、引っ込み思案なのか目立ちたがりなのか、ホントにわからんまおたんだが、こういうことでひとつひとつ自信をつけながらゆっくり育ってくれればいいと思う。

また、最上級生(4月から小学生)の子供たちの劇や合奏は、大人が普通に見ても感心するほど上手。
2年後にはまおたんたちもこれぐらいに成長するのかなあ・・と子供たちの持つ力に素直に脱帽した一日でした。

もちろん、それを指導されている先生方の苦労は並大抵ではないのでしょう。
終わった後は誰よりも安堵感いっぱいの表情をされていました・・。

| | コメント (6)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »