« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

一年間

今週は少し感傷的になっております。
このブログを読んでいただいている方にはお察しいただけるかもしれませんが、
話としてはyue少納言が書きはじめたところからちょうど1年が経ちました。

独り言になっちゃいますが、今思うことを取り留めなく書きます・・。
柄にもなく、ちょっと暗くてごめんなさい。

------------------------

この3日間、なんとなくどんよりした天気。
本当はどんよりした天気はあまり好きではないのだが、
今日は夕焼けでなくて良かったと思っている。

11月30日。

もう1年が経ったのか・・と。

昨年の明日は、私の今までの人生の中で一番長い日だった。

yue少納言のスキルス胃がんが手術不能と宣告された日。

この日のことは2月26日の本人のブログにも記されているが、
告知を待つまで2人で過ごした時間が止まったように長かったことを
昨日のことのように思い出す。

ある程度覚悟はしていた。しかし、
「手術は不可能です。あとは延命治療しかありません。」という言葉の重さは、
それまで経験したことのない重さだった。

そして、本人には知らされなかったが、「長くても半年」という余命告知は
にわかには信じがたいものだった。
(その後、3ヶ月というさらに衝撃のセカンドオピニオンが来るのだが・・)

正直、そのときに思ったことは「どうしてyue少納言なんだ」という疑問だけだった。
言っちゃなんだが、世の中にはもっと悪いことをしてる奴や、
迷惑な奴が山ほどいるだろうに、何でyue少納言だけがこんな目にあわなきゃならないのか・・と。

そして、それまで家族を省みずに働いてきた自分の生き方や、大事だと思っていた仕事のことなどがとてもちっぽけな、つまらないものに思えた。

言い過ぎかもしれないが、自分の存在理由そのものがまったく変わってしまった。
そんな一日だった。

しかし、その絶望の中から光を見つけた日でもあった。

それは、治る方法があるかも・・というような根拠のない期待ではなく、
残された時間をどう輝かせるかという、自分たちの「未来」に対する、
「生きるテーマ」を見つけたことだった。

そして、その後ブログを通じて、同じ立場の人たちがたくさんいることを知り、
励ましあいながら生きることのすばらしさを知り、
命の大切さ、時間の大切さを確かめ合いながらすごした日々。

今考えると、この日が今の自分たち家族の本当のスタートの日だったと思う。

一年前は現実も、自分の存在も何もかも否定したかった。
しかし、何もかも、まずは受け入れて、肯定することからしか
未来は拓けないということを学んだ一年だった。

あの日、告知を待つ間の止まったような時間。
病院の窓から二人で見た、見事な紅葉と、きれいな夕焼けを
私は一生忘れることはないだろう。

今年は・・・まだちょっと見るのがつらい。
でも、いつかその景色が本当に自分の原風景と呼べる日が来ると思う。

そして、今年の11月30日。

明日も娘・まおたんの笑顔とともに過ごす、
今の時間を大切に、と思う。

| | コメント (19)

2006年11月18日 (土)

ラブラブラブレター!

ご報告が大変遅くなり、すでに乗り遅れですが・・。
先週の日曜日、きゃんべる。さんのボタキッズ主催のラブラブ・ラブレターイベントに参加してきました!

風が強かったものの、天気にも恵まれ、娘・まおたんとともに、とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。

普段こちらにコメントをくださる皆さんにもお会いできてうれしかったです。

イベントの内容はきゃんべる。さんのブログをぜひご覧ください。

-----------------------------------------

まおたんは、朝から、「今日はフリフリのワンピース着ていく!」などと気合十分だった。

が、着いてみたらいつものとおりモジモジモードに。(最初はいつもそうなのだ)
参加された皆さんにとっては、かなりご想像と違う印象だったのでは?と思う。

まあ、たしかに、会ったことのないから、いきなり

「まおた~ん」とか(なんで名前知ってるの?)、
「美容院行ったの?」(すとーかー?)

とか言われたら、事情をしらなきゃ普通はびっくりするよな・・。

でも、「いつもブログでまおたんの応援してくれてるみんなだよ。」と言うと、
「あ~、まおたんまおたん・・って書いてくれてる人?」と変な納得をしていた。

というのも、私と一緒に画面を見ている時、ひらがな「だけ」読めるまおたんは、
「まおたん」の文字だけを拾い読みしてキャハキャハ喜んでいるのだ。

そういう私も、皆さん初対面のはずなのに、ずっと前からの友達のような気がした。

yue少納言は、写真での参加となったが、皆さんにさんざんほめていただいたので、きっとあっちでニコニコしていたことだろう。

ちなみに、紙すきは私も初体験だった。
スタッフの皆さんの事前準備が完璧だったからだと思うが、思ったより簡単だった。まおたんも調子に乗って2枚も作ってしまった。

その後、まおたんと、Bota1112 「ラブラブラブレター」を書いた。

今回のイベントのもうひとつの目玉、手のひら人工衛星「シーズ」に乗せて宇宙へ飛ばすものだ。

まおたんは、最初から、メッセージを自分で決めていた。
本当は自分ひとりで書きたかったのだが、ちょっと練習が間に合わなかった。
ということで、今回は私と一緒に書いた。
スペースがあったので、ままっちの絵も描いた。
相変わらず、ままっちの絵は横向きらしい・・。

きっと、ままっちのところへ届くと思うよ。

イベント終了後、みなさんとファミレスで楽しいひと時を過ごした。

後でよく考えてみたら、男性は私とさかなさんのところのお兄ちゃんだけだったんですね・・。yue少納言がやきもちやいてたかも・・。(ないない。)

皆さんからは、仲間との「つながり」を大事にする心、
今という時間を大事にする気持ち、
人に対する優しさがひしひしと伝わってきた。

貴重な時間を過ごすことが出来て、本当によかった。
まおたんも「大満足」と言ってました。
(そのあと「わたがし」食べながらだったけど。)

私はこのような時間を持つことで、まおたんも命を大切にする気持ちや、人を思いやる気持ちをしっかりとはぐくんでくれることと思っている。

次はぜひ、ボタキッズのイベントにもまおたんとともに参加したい。

きゃんべる。さん、スタッフの皆さん、そしてお会いできた皆さん、今回はお会いできなかった皆さん、本当にありがとうございました。

そして、

「いつもありがとう。」

| | コメント (7)

2006年11月 8日 (水)

まおたん美容院デビュー

最近は急に寒くなりましたね。まおたんと私も交代で風邪をひいておりました。おかげさまでこちらはもう大丈夫・・なのですが、

実は昨日、私が足の小指を骨折(といってもヒビですが)してしまい、ちょっとへこんでおります。とはいえ、大事ではないのでご心配なく・・。(ボタキッズもいきますよ~。)

まおたんは、抱っこしてもらえないのでちょっと不満そうです・・。(最近抱っこ癖がついてしまいました・・。)

-------------------------------------------------

ここのところ週末が外出続きだったが、この三連休は、特に遠出もせず、ゆっくりとすごすことができた。

その真ん中の土曜日。まおたんが「美容院デビュー」をした。

まおたんは、基本的にはおしゃれなほうだと思う。センスのよしあしは別として、とにかく「こだわり」は曲げない。こういうところは、やはり女の子だなあ・・と思うことが多い。

しかし、なぜか今まで髪の毛を切るのは大嫌い・・だった。

前髪が伸びても、切るのはもう一苦労。

まず説得。ひたすら説得。で、やっとその気になっても、今度は途中で「もういい~」などと言い出す始末。結局、横一直線に切って終わり・・という状況で、髪を切った後はこけしのような頭になっていた。後ろはもう伸ばし放題・・。

しかし、4歳ともなると、保育園のお友達もみんなかわいくしているので、さすがに毎回「こけし」というわけにもいかない。

そこで、

「ねえ、まおたん、ままっちの行ってた『美容院』にいって、ラブベリみたいにかわいくなっちゃわない?」

と誘惑してみた。

最初は、「ままっちの病院へ入院するの?」とか、とんちんかんなコトを言っていたまおたんだが、いろいろ説得を試みるうちに、だんだんノリノリに。

そんなわけで、その「ままっちの行っていた美容院」へ行ってみた、のだが・・

なんと9月末でつぶれていた。(ここに顔文字が入る・・皆さんご想像ください)

「無料託児サービスつき」でがんばっていたのだが、隣がリサイクル事務機屋で、下が看板屋という最悪の立地。店の前にラーメン屋の看板サンプルと、隣にはつぶれた事務所のロッカーとかが立てかけてある・・という条件ではさすがにきつかったか・・。

仕方がないので、ほかの美容室をあたってみることに。

ちょうど、七五三ののぼりを立てている美容院を見つけ、ここなら大丈夫だろうと恐る恐る入ってみる。(何せ、この齢になるまで、「美容院」というところは行ったことがない・・)

迎えてくれたのは、かなりきれいな美容師のお姉さん。そして、まおたんをまるでお姫様のように鏡の前へ誘導する。

そのちょっと「大人の扱い」にまおたんはすでにノリノリ。切られている間も、おすまし顔でずっと鏡に見入っている。

さすがにプロのお仕事はすばらしく、まおたん史上最高の仕上がりになった(と思う。)

「まおたん、ここ気に入ったよ。もう、ここしか来ないからね。」と言い残し、大満足で帰ってきたのだった。

そんなわけで、次の日曜日はいよいよボタキッズのイベントですね。まおたんも、いらっしゃるみなさんとお会いできるのを楽しみにしてます。

ひとことヘアスタイルをほめてやってくださいませ・・。きっとノリノリになることと思います。

| | コメント (11)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »