« 近況・・ | トップページ | まおたん美容院デビュー »

2006年10月25日 (水)

保育園の面談

今日は、保育園で保護者面談があった。

まおたんは、私が聞かなくても、その日あったことを喋りまくるので、だいたいのことはわかっているつもりだ。

とはいえ、保育士のプロの目からの気づきを聞ける貴重な機会だし、何より普段お世話になっているお礼も言いたい。大のニガテだった野菜を含めて、ご飯をちゃんと食べるようになったことはひとえに保育園のおかげだ。

そんなわけで、午後、会社を抜け出して保育園へ行った。

先生もかなり気にかけて下さっていることがわかり、まず感謝。

そして、最近、先生にも少し気になるところがあるとおっしゃる。
本当は出来ることをわざとやらないことがあるという。

理由は、「かまってほしいから」だと思う。

まおたんは、担任のえりか先生が大好きだ。家で先生のことを「だいすきえりか先生」とよぶ。

以前、お昼を食べるのが遅かったときは、先生が横についていてくれた。しかし、早く食べられるようになったら、それがなくなってしまった。
そこで、わざと最後に時間をかけたりするのだろう。

最近になってそういう行動が出てきたということで、「甘えたい欲求」が満たされないことによる欲求不満から、落ち着きのなさが出ているかもということだった。

そういえば、家でもあからさまに甘えようとすることが多くなってきた。
私も、それを許すべきか、はねつけるべきかを少し悩んでいた。

先生の見解は、一度すべて受け止めては・・ということだった。

保育園ではかなり厳格に集団生活のルールを守らせているという。
両親のいる家庭の子供でも、この時期は家でその分、つまり昼間我慢していることの反動としての甘えが出てくることが多いという。

娘・まおたんの場合はそれ以上に甘えたい気持ちが出て当然だと。

まおたんは「パパと遊んで楽しかった事」は先生にもうれしそうに話しているそうだ。
「お父さんに思いっきり甘えられるのは、今だけですから・・」と。確かにそう思う。

当然、生活のけじめはしっかりつけていかなければいけない。

でも、今の段階では集団生活を行うためというところで線を引き、まおたんが「甘えたい」と思うところは受け止めていてもよいのかな・・と思った。

いつまでも甘えさせていてはいけないのだが、現実は、「いつまでも甘えてはくれない」というところなのだろう。

とりあえず、一度少しまおたんの甘えを受け止めてみて、保育園での行動で、欲求不満による落ち着きのなさが出なくなるか、様子を見てみたいと思う。

いずれにしても、本当に保育園には足を向けて眠れない。

といいながら、方位の関係上、ずっと寝るときの足は保育園のほうに向いているのでした・・。

|

« 近況・・ | トップページ | まおたん美容院デビュー »

コメント

ぱぱっちさん、
昼間離れてるからその分夜は甘えさせてあげたいと思うけど、甘やかしすぎてないだろうか・・とかその辺の線引きが難しいですよね・・私も同じようなことで悩んでました。うちの娘(もうすぐ4歳)も最近保育園で先生にべったりだそうで・・それを指摘されたときは寂しい思いさせてるのかな、とちょっとショックでした。
でも大分しっかりしてきたとはいえまだたったの4歳なんですよね~甘えて当然かな?と最近は思って、思いっきり甘えさせてます。逆に私が抱きついてキスしたりして、そうすると「もういいぃ~」なんて逃げていきますよ(笑)
親に十分甘えて愛情を感じた子供は逆に自立していくそうです(って本の受け売りですが)。まおたんもぱぱっちさんとままっちの愛情をたーっぷり感じてると思いますよ!

投稿: ゆきも | 2006年10月26日 (木) 09時03分

「甘えさせる」ことと「甘やかす」ことって別なんですよね。前者は、抱っこしたり一緒に遊んだりということ。これははたっぷりと。後者は、我侭(アレ買ってコレ買ってとか)を聞いてやること。これは拒否。
この区別ができると悩まずに済みますよ〜。

投稿: そら | 2006年10月26日 (木) 11時21分

こんにちわ~。ときどきお邪魔しています。まおたんの成長を楽しみにさせてもらっている4児のかっかです。我が家も4人とも保育園育ちですが、足を向けて寝られない~は、実感でした。ただ4人目は変わってまして、3歳の頃から『かっか、死なないでね』と口癖のように言い、べたぁ~とくっついています。毎日のように言うのでもしかして、この子は私の近い将来が見えるのかも????などと疑ってしまった時期もありました。この春無事1年生になりさすがに死なないでねは、なくなったものの相変わらずの甘えんほうです。結局のところ私の仕事が忙しく上の3人の兄弟たちの受験などに気を取られていたのだと思い当たりました。いつまでも、子供はべたべたしてくれません。『かっかぁ』と呼んでくれていた子もいつのまにかお母さんと呼ぶようになっています。もう少し甘えん坊の末っ子にかかわっていく大変さもありますが(なんせ、年取ってからの子ですので)体力の続く限り頑張ろうかなっと・・・。ぱぱっちさんも体に気をつけてまおたんのあまえんぼうを楽しんでくださいね。

投稿: なるかっか | 2006年10月26日 (木) 11時36分

そらさんの言うことズバリ、「甘えさせてあげる」と「甘やかす」の違いを親がしっかり区別してあげれば、子どももちゃんと受け止めてくれると思いますよ(*^^)b
簡単なようですが、案外履き違えている親も多いのも事実です。親が忙しく愛情をたっぷり与えられない分、欲しいものは与え過ぎる親って最近多いんですよ(-"-)
このことは最近 私の職場でもよく話題になります。
与えて欲しいのはモノとしての愛情ではなく、スキンシップや言葉や行動での愛情なんですよね。
どんなに親が忙しくてもちゃんと心の愛情を注がれている子はいい子に育ちますよ(*^_^*)
ぱぱっちさんもまおたんも、いい先生に恵まれたようで良かったですね♪♪

投稿: りんりん | 2006年10月26日 (木) 16時16分

こんばんは。ぱぱっちさんの思いとままっちさんの願いの間に育まれていくまおたん、心配要りません。子育て終了したばあばから1つアドバイス。お金をかけないでできる事は限りなく与え、お金の掛かるものは、一度は我慢させてからにする。難しく考えないで、まおたんが振り返った時
にいつもお二人を感じていれば大丈夫!自信を持って下さいね。

投稿: ハイジ | 2006年10月26日 (木) 20時45分

そういえば私、幼稚園ごろに「お父さんとお母さんは、自分より先に死んじゃう」ということを何かで知って、ものすごく悲しく、怖かったことがあります。この恐怖は、小学校の高学年ごろまで続きました。親には言えず、時折、母に抱きついては「死なないように、死なないように」と祈ってました。どうして突然そんな風に思うようになったのか、今でも分かりません。

子どもって、親がびっくりするようなことを考えていることがあります。甘えん坊に見えても、心の中には全然違う思いがあるのかも・・・。そのまんま受け止めてあげても、いいんじゃないでしょうか。ちなみに両親は今も健在で、むしろ娘の私が両親に介護されてる状態です・・・(汗)。

投稿: あつこ | 2006年10月27日 (金) 03時42分

こんにちは。
我が家にも今年小学3年の娘がいます。
昨年くらいまではすごい甘えっ子でした。
幼稚園の年少さんの時は入園して半年くらい「ママに会いたい~!!おうちに帰りたい~!」と泣いていたそうです。
そこまで酷いのはうちの子だけだったみたいで、
当時の先生もその思い出ばかりが残っているとのこと。
今は甘えもほとんどなくなり、すごい自立してしまって、こっちが気抜けした感じです。
いっぱい受け止めてあげると心が満タンになるのか甘えなくなりました。まぁ・・年齢も関係あるかもしれませんが・・。
今のまおたんは思いっきり甘えられる環境がいいのではないのかな・・と私は思いますよ(^o^)丿

投稿: まさみんたん | 2006年10月27日 (金) 09時40分

かれこれ20年幼稚園教諭をしています。先生はプロなので、各々の家庭事情もちゃんと把握して、フォローしてくれます。先生に甘えを受け止めてもらうことで、安心できるのならそれでいいんです。子どもが1番大好きなのは何があっても親なのですから。先生はその手助けをしているだけ。
甘えたいなら、とことん甘えさせてあげましょう。人に迷惑をかけること、人として許されないこと、命に関わる危険なこと、それ以外の甘えは受け止めてあげてかまわないと思います。自分を丸ごと受け止めてくれる大好きなぱぱっち。。。そう感じられるなら、何も将来心配することはありません。えらそうにすみません。

投稿: ちっち | 2006年10月27日 (金) 22時37分

まおたんは頑張っていますねえ。
小さな小さな胸が張り裂けるような悲しみに耐えて自分なりに対処しているんでしょうね。
しっかり甘えさせてあげてください。
そしてぱぱっちさんもまおたんに甘えてみては?
まおたんならしっかり受け止めてくれそう!

投稿: のほほん | 2006年11月 2日 (木) 21時51分

皆様からいろいろなアドバイスをいただき、ありがとうございました。経験豊かな育児の先輩方の応援をいただければ心強いですね。お返事が大変遅くなってすみませんでした。

>ゆきもさん
まおたんは、親だけでなく、祖父母や周りの人たちの愛情も十分感じているとは思うんですよね。時々、「まおたんはみんなの宝物なんだから!」なんて自分で言ってますので。たぶん、自立していってくれることでしょう。

>そらさん
確かにそのとおりと思います。「アレ買って」攻撃は手をかえ、品をかえきてますね。スーパーの陳列のうまさには脱帽する毎日・・。とはいえ、泣き叫んでも買いませんけどね。最近、ぱぱっちには無駄だと思ったらしく、攻撃対象をほかに移したようです・・。

>なるかっかさん
「死なないで」はまおたんも言います。でも、本当にそう思ってるんだろうな・・と、そのたびに自分が生きることがまず一番大きな責任なんだな・・と再確認しています。

>りんりんさん
りんりんさんも保育士さんなんですよね。素直に尊敬・・。
正直、スキンシップは足りてるというか、結構べたべた親子です。会話も・・十分かな。それにしても、本当に保育園には恵まれたと思っています。

>ハイジさん
的確なアドバイス、ありがとうございます。うちは一度我慢させる・・というよりはいろいろ出てくる「ほしいもの」からどれかを選ばせるようにして時間を稼いでます。

>あつこさん
まおたんも、子供ながらに「パパがいなくなったら独りになる」ということを感じているようです。でも、「まおたんが結婚したら、ぱぱっち、ひとりぼっちだねぇ~」などと笑いながら言ったりもします。かまわんから早く嫁に行け!パパは孫の顔が見たいんだ!

>まさみんたんさま
そういうお話を聞くと安心します。やっぱり、甘えんぼうは甘えさせてあげることにしようと思います。
どうせすぐに生意気になると思うので。
>ちっちさん
ベテランの先生のお墨付きがあれば安心です。ただ、社会の中で生きていくために必要なことは、やはり厳しく教えていかなければいけませんよね。その第一は命の大切さ(自分も他人も)を知ることだと思います。そういう意味では、貴重な経験をしているまおたんですから、わかってくれると信じています。

>のほほんさん
う~図星・・。すでに、まおたんに甘えてるところがあるかもしれませんです。まおたんはそういう時は、やけにしっかりものになって、「もう~。ぱぱっちってば!」とか言ってます。

投稿: ぱぱっち | 2006年11月 8日 (水) 22時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« 近況・・ | トップページ | まおたん美容院デビュー »