« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月25日 (月)

かあさんといっしょ

娘・まおたんは、ここのところ毎日運動会の練習。とっても楽しいらしいのだが、やはりいろいろなことがあるようだ。

今日は、運動会の練習中にいきなり泣いたというのだ。

保育園からの帰り道、本人に理由を聞いて、私もとても複雑な気持ちだった。

それは運動会の日にみんなで歌う、「うたの練習」のとき。

「青いお空が・・」とか、運動会の日を迎えた喜びを歌ったものらしいのだが、歌詞に「かあさん一緒でうれしいな」という一節があるのだという。

まおたん、頑張って歌っていたのだが、どうしてもそこで涙が出ちゃったんだって。

話を聞いている私も泣きそうになった。正直、つらかった。

でも、このようなことは、まおたんの人生の中で、何度も経験することだろう。

今は、周囲を味方ばかりに囲まれ、恵まれているまおたん。しかし、社会はぬるま湯ではない。そこを攻撃する敵も現れるだろう。

そして、味方でも、心無い人は不用意な言葉を発するものだ。
悪気がないのだから、受け入れなければ社会の中で孤立してしまう。

私は、逆の立場でyue少納言だったらどう言うだろうか?と思った。

父親を早くになくしたyue少納言も、同じつらさを感じながら育ったに違いない。

しかし、その気持ちがyue少納言の精神力と、何よりも「人の心の痛みがわかる心」を育てたのだと思っている。もちろん、その心を育んだ家族がいてのことだ。

私は、まおたんにも同じように育ってほしいと心から願っている。

まおたんは、「とうさん一緒でうれしいな」に換えて歌いたいと言う。
その気持ちもとてもよくわかる。

でも、私は、「ままっちは、いつもまおたんのことを見てるんでしょ。だから、いつもまおたんと一緒でしょ。運動会も楽しみにしてると思うよ。『とうさん』にかえちゃったら、ままっち、悲しいよ。」といった。

まおたんは、しばらく考えていたが、いきなりその歌を最初から歌いだした。

そして、その部分に来ると、「かあさんいっしょでうれしいな」・・「ままっち、きっと一緒にゆれゆれ踊っちゃうねえ~」と、にっこり笑ってくれた。

自己満足だとはわかっているが、私はひとつの山を、娘と一緒に乗り越えられたと思った。

それはとても小さな山。だけど、娘の笑顔が何よりもうれしかった。

明日はきっと、もっと元気に歌ってくれると信じている。

そして、いつまでも、心の葛藤を話し合える親子でいたいと思った。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

すっかり秋ですね

昨日は、出張で京都に出かけていた。

すでに観光シーズンを迎えていて、特に修学旅行生と海外からの観光客の方の多さが目に付いた。

いろいろなところで秋を感じる今日この頃。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、お彼岸が近づくと、本当に秋らしくなってくる。

さて、今週はお彼岸。

今日は、最近では珍しく休日出勤なのだが、お墓は職場からのほうが近いので、午後、お墓参りに行ってこようと思っている。

本当は娘・まおたんも連れて行きたいのだが、さすがに職場に連れて行くことはできず、明日もまた予定が満載。

yue少納言には気の毒だが、私一人で行ってきます。ごめんね。

秋といえば、やっぱり運動会シーズン。

娘・まおたんは、元気に運動会の練習。

「おゆうぎ」が大好きなまおたんにとっては、まさに晴れ舞台。毎日張り切って練習している。見ていると、運動神経は親よりはマシなようで、ちょっとうれしい。

運動会は10月8日。いい天気になればいいね。

そんなわけで、これから行ってきます。

#最近、海外からのトラックバック・コメントのスパムが多く、一部の記事に集中しているのでその記事のみ一時的にコメント・トラックバックを受け付けない設定にしました。
落ち着いたら解除しますので、しばらくご容赦を・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

三連休

先週は仕事が急にたてこんだり、少々体調を崩したりして、更新が滞ってしまいました。ごめんなさい。

この3連休は充実した日を送って、すっかり気分も体調も戻っています。
どうぞご心配なく・・。

土曜日は、yue少納言の最後を看取ってもらったお友達二名が訪問してくれた。
「ままっち棚」にお参りしてもらったのと同時に、yue少納言の形見分けをしたいということで、わざわざ遠方からいらしていただいたのだ。

あれから2ヶ月。

妻の残した服や小物類など、まだまだ使えるものが多い。

片付けなくては・・と頭では思うものの、どうしても気が進まなかった。

でも、残しておいても、まおたんが使えるころには、どう考えても時代遅れだろう。

もちろん、私が着る趣味もない。(ないです。はい。)

そういうわけで、もし友達に使ってもらえるものなら、それが一番いいし、yue少納言も喜ぶだろうと思ったのだ。

おかげでかなり片付いた。使えなくて残ったものもあるが、これで何も思い残すことなく処分することができると思う。

ちなみに娘・まおたんは、似合うだの似合わないだの、また勝手なことを言いまくっていたが、それなりに面白かった。(ごめんなさい。)

日曜日は、yue少納言の叔母さんの家へお招きいただいた。生前のyue少納言がとてもお世話になっていた家だ。

本当に、心からのおもてなしをいただいて、とても楽しかった。

その家に、まおたんの「はとこ」にあたる、2歳年上のお兄ちゃん、Sくんがいた。

Sくんはスポーツマンタイプで、とても落ち着いたやさしい子。

どうもまおたん、タイプだったらしい。

実は今週、まおたんもちょっと体調を崩していて、行く前は、「お泊りはしないよ~」などと言ってたのだが、Sくんとしばらく遊ぶと、「お泊りしていく。」といきなりの態度豹変。

夕飯(バーベキューをやってくれた)のときも、ちゃっかり隣に座って離れない。こういうときの積極性は、いったい誰に似たのだか・・。

ちなみにyue少納言の合コン3か条の最初は、「とにかく隣に座るべし。」

教えなくても実践しているまおたん。ままっちのお手紙、不要かもしれません。

うちに帰ってきてからも、「ユキヒロくんと、Sくんと、どっちと結婚するか、考えちゃうよ・・」などと勝手なことをのたまうまおたんでした。むこうにその気はないってば・・。

まあ、社交的なのはいいことだし。今のうちならかわいいものですが、このまま見境なく育ったらどうなっちゃうのでしょう・・。

まあ、これからいくつもの挫折を乗り越えて、成長していくのだと思う。

がんばれ、まおたん。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年9月11日 (月)

やっとイルカに逢えたよ

昨日は、先日、娘・まおたんにダメだしを受けたイルカ大作戦のやり直し。ここでも紹介していただいた、品川のエプソン・アクアスタジアムへ行った。

もともと、午後に、yue少納言が以前一緒にバンドをやっていた友達のライブに行く予定だったので、先に水族館へ行くことにしたのだ。

いつも寝起きの悪いまおたんも、やる気満々で早起き。なんだ、やればできるのか・・と思いながら電車で品川へ向かった。

やはり日曜日。けっこう混んでいる。

着いてから、ショーの時間までには少し間があったが、早くも観客席は埋まり始めていた。(もうひとつのアシカショーの会場はすでに立ち見も満席・・)

ちなみに、前から3列目までは、イルカがジャンプするとずぶ濡れになるという。

100円でビニールのポンチョを売っているのだが、ここは安全圏へ陣取ったほうがよいと判断。まおたんの大好物・フライドポテトと飲み物を買い、6列目で開始を待つことにした。

ショーが始まると、さすがに盛り上がる。目の前をイルカが次々にジャンプしていく。途中ではトレーナーの方がイルカに乗って泳いだり(イルカサーフィン?)、尾びれで立ち上がって泳いだり。

そのたび、まおたんも大喜び。

この水族館、イルカショーが最大の売りなのだが、中でも一番の拍手を集めるイルカがいる。ラッキー君、というオスのイルカだ。しかし、豪快なジャンプをするわけではない。

ご存知の方もいるかもしれないが、このイルカ、・・運動神経が鈍いのだ。

関連記事はこちら

イルカなのに高く跳べない。

ラッキーが飛ぶ番になると、目印のボールがずっと下へ下がってくる。下がってるけど、やっぱりタッチできない。でも、人一倍頑張って何度もジャンプし続ける。

確かに、応援したくなるキャラクターだ。ちょっと(かなり)まおたんに似ている気もする。

欠点があっても、これはこれである意味お得なキャラクター。まおたんも、こんな感じに愛されてほしいと思う。

その後、友達のライブへ行ったまおたんは、今度はノリノリ。

かなり個性的な振り付けで踊りまくっていた。

さらに私の友人のお嬢さんとすっかり仲良くなり、勝手に遊びに行く約束まで取り付けるまおたん。相変わらずのハイテンションぶりを発揮するも、帰りの電車ではあえなく撃沈。

新宿で大好物の「おいわけ団子」も買ってもらい、大満足の一日でした。

さて、そんなこんなで、今日は2回目の月命日。

きっとこんな私たちを、笑いながら眺めていることでしょう。

いつもよりちょっとだけ高いお花と、少々のお酒を供えて静かに迎えたいと思っております。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年9月 9日 (土)

お当番

今日は口直しに、最近、書いてなかった、娘・まおたんの保育園ネタを。

以前一度yue少納言も書いたが、まおたんの保育園には「お当番」という役目がある。

お昼ご飯のときや、帰りの会などの時にする「ごあいさつ」を、みんなの前に出てするのが仕事。片付けとかもするそうだ。かわいいもので、みんな「お当番」のときは、いつもより張り切るという。
窓口のオヤジにつめの垢を煎じて飲ませたい・・というと、口直しにならないので元へ。

この「お当番」をめぐっては、まおたんなりに、いろいろなドラマがあるらしい。

「お当番」は男の子と女の子各一名。名前順に回ってくる。
で、運がいいと、ユキヒロくんと「ラブラブお当番(まおたん命名)」になる。
が、そんな機会はめったにない。今まで一回だけ。

お当番になっても安心してはいられない。

まおたんが一番苦手なのは、給食のごあいさつ。みんなの前で、「いただきます」と「ごちそうさま」をする。

だから、お当番さんは、「ごちそうさま」の時には食べ終わっていないといけない。

しかし、食べるのが遅いまおたんにとって、時間内に食べ終わるのはかなりの難関。

間に合わないと、先生に「ごちそうさま」をされてしまって、「ばってん」(まおたん語で失敗のこと)になるのだ。

まおたんが食べ終わらないのには、2つ理由がある。
ひとつは偏食。まおたんは、基本的に野菜が苦手だ。
でも、全部食べるとほめられるので、かなりがんばって食べる。(これを本人は
がんばり野菜」と命名。)でも、どうしても時間はかかるのだ。
こちらはある意味、とってもえらい。

もうひとつの問題は、おしゃべりなこと。しゃべるのに夢中で、つい食べるのを忘れるのである。(実は、私も昔そうだった・・・。)

先週、これが災いし、まおたんは「お当番剥奪の刑」を言い渡された。

昼食前にどうしてもおしゃべりをやめないので、「ちゃんと静かに待てるようになるまで、お当番は抜かします!」と、順番表から名前カードを抜かれてしまったのだと・・。

ちょっとしょげて帰ってきたまおたん。夕食を前に、

「まおたんね、いただきますの前にしゃべっててうるさかったら、えりかせんせいに、『お当番は静かにできるようになるまで抜かしますからね』って言われちゃったからお当番できなくなっちゃったんだよ。今度はちゃんとお口チャックしてかっこよく座ってお当番を戻してもらうんだよ。ユキヒロくんにかっこ悪いの見られちゃったから今度はかっこよくしないとさ、・・・

と延々と話す。その間、「ご飯だ」って何度言ったらわかるのか・・。

何が悪かったのか、まったくわかっていない。

そんなまおたんだが、今週、無事にお当番表に名前を戻してもらえたそうだ。

「またかっこ悪かったらすぐはずしますからね。」といわれているそうだが・・

さあ、次のお当番、無事に勤められるのだろうか。乞うご期待。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

手続き関係 その2

さて、銀行の話の続きです。

一つ目の銀行では手続きが終わり、二つ目の銀行へ。
入口で案内係の人に用件を話す。通常の用件ではないので、別の番号札を渡される。

30分ほど待ってやっと呼ばれたが、椅子もない端の窓口だった。目つきと顔色の悪いオヤジがいた。昼休みの途中らしく、迷惑そうな雰囲気をただよわせている。
「あの~。相続で、銀行口座の解約をお願いしたいのですが。」
「どなたの相続ですか?」
「妻なんですが・・」というと、一瞬絶句する。まあ、しかたないか。
「通帳は?」
通帳を出すと、表紙を見ただけで、いきなり言った。
「この通帳、うちの支店のじゃないですよね。こういうのは、口座のある支店で手続きされたほうが・・」
「こちらでは、できないんですか?」
「できなくはないですが、相続はいろいろありまして、こちらだと手続きに時間がかかるんですよ」
「では、必要な書類などを教えていただけませんか?」
「ケースによって違うんで、やっぱり口座のある支店で・・」(なぜ!?)
「行ってみてから足りないものがあると困るので・・」
「いや、いろいろ難しいんでね、相続はね・・えーと。」

数分押し問答になったが、このオヤジ、どうしても受け付けない気らしい。
こちらも昼休みの時間が終わり、あきらめた。
結局、昼食を食べ損なっただけだった。

後日、口座のある支店へ。見たことがない支店名だった。統合されて場所も変わったらしい。仕方なく、ホームページで場所を調べてから出かける。今度は窓口に椅子はあったが、なぜかまた、顔色の悪いオヤジが出てきた。

オヤジは愛想笑いを浮かべながら、
「この口座、旧★銀行のものですよね。ここは旧▲銀行の支店なんで、余計な時間がかかっちゃうんですよ。お近くに旧★銀行の支店はございませんか?」
「その支店で、口座のある支店へ行くように言われて、調べて来たんですけど。」
「遠くまですみません。支店で処理するわけじゃないんで、一緒なんですがね。けど、何か不備があると、またこちらまでいらしていただくことになって面倒ですし。」(話が違うぞ?)
「とにかく、必要な書類だけでも、教えていただきたいんですが?」
「旧★のほうは、扱いが違う場合があるんで、ご迷惑を掛けるかも知れませんし・・」こちらは愛想はいいが、やはり絶対に受け付けようとしない。

ここでやっと気がついた。こいつら、「めんどくさいから受け付けたくない」のだ。

埒があかないので、ホームページに載っていた相談窓口に電話をかけた。

お約束の伝統芸能「たらいまわし」を堪能した後、困っている状況を説明。すると、「支店窓口に、手続きの説明書類があるので、それをもらってください。」という指示。
ちなみに、どの支店でもよいそうだ。経緯を話して文句を言うと、さすがに謝られたが、あきれて何も言えなくなった。

確かに、相続手続きは難しいのだろう。レアケースなので特に面倒と思ったのもわからなくはない。

しかし、前述○△×銀行では、本部の「相続センター」と支店をテレビ電話で結び、専門スタッフが個室で対応できるシステムを整えていた。

一方、☆銀行は、そのような経営努力もせず、専門外のオヤジを窓口に回して対応させている。同じメガバンクでもサービスレベルの差があまりにも大きい。

そういえば、金融バブル崩壊時代。最初に勤めた職場には、「接待お願い営業」しかできない先輩社員たちがいたのを思い出した。いつも土気色の顔をして、口から出任せと問題の先送りが得意技。少々懐かしいが、今なら、できれば一緒に仕事をしたくない人たちだ。

さて、まともな担当者がいることに期待して、次は隣の駅の支店かなあ。

まだまだ長い旅になりそうな、いやな予感がする。

私は「来るな」とは言われなかったけど、正直もう二度と行きたくないです。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »