« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

手続き関係 その1

四十九日が終わり、葬儀からの一連の行事関連は一段落した。

これからは本当に日常が続いていくんだなぁ・・とあらためて思う。

しかし、手続き関連は、まだまだこれから。

役所関係の届出は、だいたい終わらせたのだが、お金に関連する手続きは結構面倒だ。今後もまだ続く。

ちなみに、相続税を取られるような、資産家ではないし、(かすりもしないし・・)、
驚くようなへそくりが見つかったわけでもない。もっとも、こっちはまだ可能性あるけど。

yue少納言のことだから、爆笑ものの遺言を仕込んでいるかも・・と少々期待していたが、それも今のところ出てきてない。

しかし、手続きをしないと、yue少納言名義の口座の金が動かせない。
急ぐ必要はないけど、うちもこれから厳しいので、
とりあえず手続きを進めることにした。

このあたり、銀行によってずいぶんと対応や手際が違う。

うちのメインバンクは○△×銀行。
yue少納言の派遣社員時代の給与振込口座もここ。
家族旅行資金はここから出ていたが、最後の半年で結構有意義に使ったので、あまり残金は残ってない。

最近、×銀行が合併したときには、「やめてくれ~」と思ったが、今のところ悪影響は出ていない。「悪影響」というのは、利益とかの話ではなく、もちろんサービスレベルの話。

ちなみに、この×銀行のさらに前身のひとつ、□銀行に、yue少納言は「出入り禁止」を言い渡されている。

それは派遣社員時代の話。
会社になぜか「豚の貯金箱」があり、そこにみんなで小銭をためて、社員旅行費などの足しにしていたという。yue少納言は、それを銀行へ持っていって貯金するように言われたそうだ。(私は、業務命令としてOK?とちょっと思ったけど。)

確かに、いまどき、「豚の貯金箱」を銀行に持ち込む社会人も珍しい。数える方も仕事とはいえ、むっとしただろう。

そりゃそうなんだけど、帰りがけに、

「お客さま、恐れ入りますが、もう二度と来ないで下さい。」

といわれたyue少納言は、めずらしく頭にきて、

「もう二度と来ません、さようなら。」

男らしく高らかに宣言してしまったのだそうだ。

それ以来、□銀行に行けなくなったyue少納言は、結局、自分の口座の残金も引き出せずそのままに・・。これも今回あわせて解約することになった。

しかし、○△×銀行の対応は非常に適確かつ親切で、非常にスムーズ。
ここのアドバイスがなければ、もうひとつはもっと大変なことになっていただろう。

もうひとつ・・。そう、問題は☆銀行。

ここにyue少納言名義の、うちの家計費口座があった。

かつて私が小さな会社をやっていた時代、私名義だと、倒産したら根こそぎ取られるので、妻名義にしていた名残だ。

今回、治療費でそこそこ減ったものの、まだ少々まとまった金額が残っている。(といっても中古車一台買えるぐらいですけどね。)

yue少納言はこれをホスピスの差額ベッド代にする予定でいた。結局、使えなかったなあ・・と思うとちょっと悲しくなるお金だ。

もともと、この☆銀行の前身のひとつ、★銀行は私にとって鬼門。

かつて自分の会社のメインバンクだったが、経営が傾きかけたとき、
担当者から「貸しはがし」の提案は当然のこと、
追加融資をエサに、業者と結託して不良在庫の高額機材を買わされそうになったり、
断ると取引先に圧力をかけて嫌がらせされたり・・。

まあ、若いけど、極限まで利益を追求する、非常に仕事熱心な営業担当だった。今頃はさぞかし出世していることだろう。

で、今日書きたかったのはこの★銀行の窓口のことなのだが。
前置きを書いていたら、えらく長くなっちゃったので、続く。
今日、こんなに書いて、何もまともな内容がない・・。

ごめんなさい。

銀行関係者の読者の皆様、あなたの銀行のことではありません。きっと。
もし、そうだったとしても、あなたの支店のことではありません。きっと。

もし、もし、万が一思い当たったら・・明日から、よろしくね。

あ、そうそう、娘・まおたんは今日も元気です。
今日は、「お会計」という字を読めることが判明しました。

初めて覚えた漢字が・・「会計」!?。
きっと、立派な「レジの先生」になることでしょう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

四十九日

今日(もう昨日になってしまいましたが)はyue少納言の四十九日の法要。

午後からお寺にて親族にて法要とお位牌の開眼供養。「かいげんくよう」と読むらしい。私は「かいがん」だと思ってた・・。

娘・まおたんには、「ままっちのお引越」と説明していた。今日からはこのお位牌を「ままっち」と呼ぶことになる。

まおたんも、最初は気合を入れて正座していたのだが、そのうちもぞもぞ・・。結局は「たいそう座り」で乗り切った。

お供えに「四十九日餅」というのがあって、48個の小さい餅の上に、巨大な平べったい餅が乗っている。

法要の最後はこの巨大な餅をみんなでちぎって食べるのだが・・・

非常にでかい。

「ありがたいお話」を、みんなで餅をもぐもぐしながら聞くのは、ちょっと変な光景だった。
yue少納言も思わず笑ってたと思う。

それから、お墓へ移動して納骨。

お墓にはすでに新しくyue少納言の戒名が刻まれている。

隣に並ぶのは祖父と祖母の戒名。本当はその間に私の両親、そして私の戒名が入るはずだったのに・・と思うと、少し涙が浮かぶ。

精進落しは、自由が丘の「八沢川」という、うなぎの老舗で懐石料理。

仕事関係のある方に紹介していただいたのだが、yue少納言の遺言どおり、おいしいものを食べることができた。

特にゴンドウクジラのお造りは絶品。(すみません、写真とり忘れました・・)
まおたんはシメサバを奪って食べ、炊き合わせの「だし」をおいしそうにすすってました・・。でも、たしかにおいしかった。

帰りの車では爆睡していたまおたんだったが、
家に帰ると、「新しいままっちにお線香をあげる。」というのでお位牌を棚にセット。

お気に入りの「おりん」を鳴らし、いつもどおりに「おやすみなさい」をしてまた爆睡に入った。

「ままっち」はいつもまおたんと共にいる。まおたんを見ていると、自然とそう感じられる。

こうして、また明日も、何も変わらない日常が続いていきます。

ちなみに、新しい「ままっち棚」はこんな感じになっております。Img_0872 Img_0873

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年8月25日 (金)

続・墓について考える

はやいもので、来週の月曜がちょうど四十九日。

次の日曜に法要と納骨を行う予定だ。

先日注文した「ままっち棚」と、お位牌もそろい、週末にはyue少納言は引越をすることになる。1ヶ月以上置いてあった祭壇がなくなるので、部屋が少し寂しくなるかもしれない。

生前、yue少納言が書いていた、「墓」についてだが、今回は実家の墓に入ってもらうことにした。

墓は最後に入る人だけのものではないので、当然、先祖に思い入れのある人が他にもいるし、それも尊重しなければならない。そのような想いが交錯する道標として、石が立っている。だから、yue少納言にもちょっとの間、我慢してもらいたいと思う。

しかし、現在の実家も、墓から遠いのは一緒。なので、将来的には動かす方向で検討をしていくことになった。お墓って、こんなふうに、見守る人を変えながら引き継がれていくものなのだろう。

とはいえ、このままだとあの墓に入るのは私が最後になるはずだ・・。(まおたん、後から入ってくるなよ!)

ちなみに、yue少納言が騒音を懸念していた近くの線路は、先月、地下にもぐってしまった。線路のあった場所は緑道になる計画とも聞く。少しは静かなところで眠れそうだ。

これまた時の流れ。この後、どの場所がどうなるか・・。どこに眠るにしても、数代後にどうなっているかは誰もわからない。結局は、今、生きている人の「とらわれ」に過ぎないのかも。

今のyue少納言は、どう思っているのだろうか。

もう、ぜんぜん気にもしていないようにも思えるのだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

夏の週末

実は、仕事で遅くなったり、家事がたまったときなど、だいたい週2日ぐらい、実家で両親が娘・まおたんの面倒を見てくれている。

今週は、偶然夜に及ぶ仕事や出張などが重なり、二日続けて預かってもらうことになってしまった。

まおたんが安心して、第二の家として泊まれる環境を作ってくれているのは、大変ありがたい。

罪滅ぼしではないが、今日は動物園に連れて行く約束をしていた。

ところが、朝9時で、気温はすでに34度でカンカン照り。
こんな日に屋外の動物園を歩いては体が持たない・・ということで、行く先を急遽、水族館へ変更。

池袋のサンシャイン国際水族館へ向かったのだが、途中、まおたんが「どうしてもイルカが見たい」と言い張る。

とはいえ、江ノ島や八景島はすでに逆方向。
しながわ水族館は去年行ったが、駐車場が狭いのでまず入れないと判断。
そこで、ちょっと遠いが葛西臨海水族園へ向かうことに。

途中、首都高の渋滞にはまり、ついたのはもうお昼。
暑い日に考えることはみんな同じで大混雑。
近くの駐車場には止められず、奥にある第二駐車場へ・・。そこから10分ぐらい歩き、やっと到着。入口近くでかき氷を食べ、とりあえず復活してからいざ館内へ。

最初の巨大水槽で不思議なサメとご対面。まるでウルトラ怪獣のような顔。その後、クロマグロの回遊水槽や世界の熱帯魚展示など、混雑していたが、かなり充実した内容で楽しめた。

まおたんは、ヒトデとウニの入った水槽が気に入って動かなかったり、
クロマグロの泳ぐ速さに驚いて、なぜか「トロが食べたい」と言い出したり、
ペンギンの赤ちゃんの動きに見入ったり。
レストランのお子様ランチの味以外は、とても満足したようだ。

結局4時半ごろまでたっぷりと過ごし、そして帰りもたっぷりと渋滞にはまり。
仕方がないので、夕食には回転寿司でトロを食べ。
そんな休日を過ごしました。

考えてみたら、「さかな」が回ってるのばっかり!?。

で、帰ってきて、寝る前に、今日楽しかったことをたずねた。
ヒトデとか、ペンギンとか、一通り話をした後、
「今日は、ぱぱっちとずっと一緒だったのが一番うれしかった(^^;)」
とうれしいことを言ってくれる。

単純な私が、またウルウルしかかっていると、
「でも、きょうは、残念だったことがあります。」とまおたん。

何かと思って聞くと、「きょう、イルカさんいなかったよ・・。」
あ、そういえば・・。そう、葛西臨海水族園にはイルカはいなかったのでした。

まおたん、適当なこと言ってごめんね。今度、八景島行こうね・・。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

仏壇?

この週末、yue少納言の仏様を祭る場所を探すため、娘・まおたんと共に仏具店へ行った。四十九日までに間に合わせたいと思ったのだ。

当然、普段は縁のない場所。さらに、父親と幼児という組み合わせで入ると、かなり「浮く」空間だった。

仏壇、というととても重厚なものを思い浮かべるけど、もとより、「お仏壇」に祀る気はない。yue少納言の希望どおり、一緒にいられる場所、つまり、リビングに置けるものを探しに行ったのだ。

そのようなニーズはあるものらしく、「現代仏壇」というジャンルができている。
洋室にマッチできるようになっていたり、イタリアンテイストだったり。

今回は、リビングの「額」(バリ島で買った絵入り)の下に、雰囲気を壊さない棚を置こうという作戦だ。(リビングの写真はこちらの記事に・・。)

結局、こちらのオープン仏壇に、天然石の仏具をセットし、その上に写真と位牌を置く形に決めた。置物としては少々値がはるが、仏壇を買ったと思えばはるかに安価。
リビングの雰囲気を壊さないという点では、うまく納まりそうだと思う。ということで、ミニコンポは撤収。(実は、すでにCDのドライブが故障していたりする。)

来週、納入されるので、置いたら写真をのせます。

こちらを最初に見ていれば、それにあわせて位牌を注文できたのだが、そっちは「トラディショナル位牌」を言われるがままに頼んでしまった・・。
ちょっとミスマッチになるかも。

さてどうなることやら。

ちなみに、まおたんは、なぜか「りん」(「ち~ん。」と鳴らす鐘です)に妙なこだわりを見せ、結局、少々個性的なものを購入。
最後はお店の方にヤクルトをもらって、至極ご満悦の様子でした。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年8月11日 (金)

月命日

台風が去ったら、また暑い日が戻ってきた。気がつけば、もう立秋を過ぎて、残暑になっちゃいました。

そんな中、早いもので、yue少納言の最初の月命日を迎えます。

その月命日、近所でyue少納言と仲良くしていた皆さん、
(イコール、「まおたんの近所のお友達」のママ&パパ)
が、「しのぶ会」と称して、集まってくれることになった。

と言いつつ、実態は、単なる飲み会になることは間違いない。

まおたんも、すっかりもうやる気満々で、
「子供の飲み会はジュースで乾杯するから!」とノリノリ。

あの、こういうときは、「乾杯」は、しないんですけど・・

いずれにしても、にぎやかなのはとてもうれしい。やっぱり、この場所が一番いいと思える週末になりそうだ。

ちなみに、この会に来る予定の、まおたんのお友達のリョウタくん。

実は、保育園に入る前、とてもお気に入りだった。彼は、ちょっと影のある感じの美少年。
幼稚園でもモテまくっているらしい・・。

そんなわけで、まおたん、明日リョウタくんも来ると聞いて、ちょっとうきうきしている。

そこで、「まおたん?だってユキヒロくんとラブラブなんじゃないの?」と聞くと、

「まおたん、ユキヒロくんと、リョウタくんと、どっちと結婚したらいいか迷っちゃってるんだよ~。」とデヘデヘ笑いながらのたまう・・。いい気なもんだ。

「まおたん、何も、今決めなくてもいいじゃん。」と思わず突っ込むと、

「そうだよね。ままっちも、たくさん見てから選ぶんだよって言ってた!」だと。

なんだ、もう合コン指導入ってたのか・・と変に感心したのでした。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2006年8月 8日 (火)

続・葬儀について考える

きょうは娘・まおたんの「お当番」の日。いつもは、ぐずぐずしている間に、「ばってん・・」になってしまう、まおたん。

が、今日はちゃんと机も拭くことができたらしく、「今日はばっちり~」だそうで。

日々、成長するまおたんは、心の支えです。

-----------------------------------

さて、今日はその後の葬儀などについて。

葬儀は近くの斎場で行った。yue少納言が3月31日の記事で書いたとおり、洋花の花祭壇にして、その中央に「有毛記念写真」を飾った。
料理は実際には、あまり選択の幅がなかった。四十九日の精進落としは、少しまともなものにしたいと思っている。

肝心の私の曲と言うリクエストは、予想通り、斎場のスタッフに見事に忘れられた。
斎場のスタッフを見て、いやな予感はしていたのだけど・・。
まあ、全体としては、故人の望む葬儀にかなり近かったのではないかと思う。

葬儀の間、私も「葬儀について」考えた。
本当に、いい葬儀・・・って何だろう?と。

結婚式と違って、あまり「いい葬式でしたね~」という話はしない。でも、印象に残る葬儀がいくつかあったのは確か。

今回、改めて思ったのは、葬儀の良し悪しを決めるのは、会葬者ではないか・・ということだ。

会葬者が多ければ良いというものではなく、どれだけ会葬者と故人のつながりが感じられるか・・。
表現が難しいが、会葬者の心が伝わるか・・のようなところがとても大事なのではないかと。

最近、近親者のみの密葬が多いと聞く。
規模は小さくても、心のこもった葬儀がしたいと考える人が多くなっているのかもしれない。

今回は、予想以上に会葬者も多かったのだが、
皆さんの気持ちがとても伝わってきて、本当にうれしかった。

決して近くない多摩のはずれに、わざわざ足を運んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

それから、yue少納言が「ぼろぼろかもしれない」と言った骨。

けっこう、しっかりしてました!

普通、「骨拾い」って、喪主は涙に暮れつつ・・・という絵が浮かぶ。

ところが、私の脳裏には骨シンチの写真が去来していて、「よくがんばった」というある種の満足感でいっぱい。穴があくほど骨を観察しておりました・・。

大腿骨なんか、「いつ折れても不思議はない」と言われていたのに、骨壷に入らないぐらいしっかり1本、丸のまま出てきたのだ。

「失礼ですが、折らせていただいてもよろしいですか?」と言われて、
「だめです」ともいえず、折られちゃったけど、このときだけはちょっと涙が出た。
ゾメタ痛に耐えて、がんばった甲斐があったというものだ。

そう、まおたん、ままっちの骨はぼろぼろじゃなかったんだよ。

----------------------------------------------

そんなこんなで、あれから今日で28日目。

7日刻みの日、と言うことで、今日もお花を備えて、まおたんとお祈りをしました。

もうすぐ一ヶ月・・。まだ実感がないのが本音ですが、こんな感じで前を向いて、
少しずつ、2人の生活を楽しむ余裕も出てきました。

でも、夜はまだ、二人で泣いちゃったりするんですけどね・・。

ま、それもいい時間の過ごしかたかなと思ってます。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

限りなく現在を生きて

ぱぱっちです。また久々の更新になってしまいました。

前の記事でお知らせした、yue少納言が生前に作った詞ですが、ここでご紹介をしたいと思います。

---------------------------------------------

2001年、私は友人と結成した「Multicolore」という音楽制作ユニットの
メンバーとして、自主制作のCDを発表しました。

そのCD、「Tons Pastel」の中には、yue少納言の詞が3曲収録されています。

そのうちの一曲がこの「限りなく現在(いま)を生きて」です。

私が変な解説をつけるより、詞を見てもらいたいと思います。

もし、mp3ファイルの試聴が可能な方は、少し大きなファイル(4.6MB)になりますが、
試聴サイトを用意しました。そちらで楽曲を聴けるようにしてあります。

-------------------------------------------

「限りなく現在を生きて」

限りなく 現在(いま)を生きて
とらわれた心 解き放とう

悩みごとを誰かのせいと
恨んだりしたくはない
自分で選んだ道と この場所だから

色褪せた地図 抱きしめたまま
捨てられずにいた 約束を
動き出す時 風に投げるよ
おおぞら見上げながら

限りなく 現在を生きて
とらわれた心 解き放とう
なくすことだけ おそれ過ぎて
臆病になっていたけど

香りたつ陽射し浴びて
満ち足りた花を咲かせたいよ
雨が降ってもチカラにして
強く咲く花

忙しさを自慢にしたり
言い訳にしたくはない
いつでもほほえむような気持ちでいたい

なにげない日々 仲間との日々
かけがえのない毎日に
気づかなければ退屈だった
だけど ここに見つけた

香りたつ陽射しがほら
この場所に降りそそいでるよ
まぶしい夢に目を奪われ
宝物なくさないように

限りなく 現在を生きて
とらわれた心 解き放とう
暖かい声 胸の鼓動
陽のあたる道程(みち)

限りなく現在を生きて

----------------------------------------

もちろん、当時、妻・yue少納言は将来の病気のことは予想もしなかったと思います。
そのときの、妻の詞を見ていただくことで、
妻について、別の視点からまたご理解いただけるなら、
私も非常にうれしく思います。

なお、リンク先、迷いましたが、発表済みの楽曲ですし、メンバーのクレジットを
入れたかった関係で妻・及び私も実名を表記しています。
ただ、このサイトの中では今までどおり、yue少納言、ぱぱっち でよろしくお願いします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »