« 旅のお供 | トップページ | 最後の選択 »

2006年7月16日 (日)

入院の日のできごと

ぱぱっちです。

皆さん、多数のコメントありがとうございます。ちょっと外出中で
お返事のできないyue少納言にかわり、お礼もうしあげます。

ちなみに、まおたんも、今は祖父母の家で楽しく遊んでいます。
そうそう。昨日はちゃんと「むしさん音頭」を元気に踊りきりましたよ。

さて、これから数回に分けて、先週のことをお伝えしていきたいと
思います。

あいにく私にはyue少納言のような文才はないので、
軽はずみにお約束をしたものの、
私がここに書いてよいものかどうか、かなり悩みました。

でも、あのすばらしい人生のフィナーレを報告しないでこのブログを
終わらせることはできません。
すみませんが、私の拙い文章にお付き合いいただければ幸いです。
-----------------------------------------------------------

入院する前の晩(正確には当日の未明)、yue少納言は自分のブログを
更新した後も、みんなのブログを眺めてすごした。

まだ、酸素と車椅子があれば普通にしていられた。

私は寝たほうがよいといったのだが、彼女はすべて見終わるまで
寝ようとしなかった。眠ったのは2時を回っていたと思う。

それほどまでに、ブログでの絆が大切なものになっていたのだろう。

私は入院しても、すぐにPHSでも何でも、ネットにつながるようにする
ことを約束して、床に就かせた。
病院のすぐ前がヤマダ電機だったので、どうにでもなると思っていた。

朝、昨日買った車椅子で車へ運び、病院までドライブ。
結局、車椅子で外を走ったのはそれだけだった。

yue少納言は、

「これだけでも元はとったよ」と明るく言った。そして、
「やっぱり外の景色はいいね。」とつぶやいた。
取り留めのない話をしながらのドライブ。幸せな時間だった。
今週末は外泊してむしさん音頭見ようね・・とか話した。

入院が決まったが、個室があかず、マーカー検査用の採血後、
2人部屋で点滴しながら、結局夕方まで待たされた。

この病院はとにかく混んでいる。まあ、仕方のないことだとは思うけど。

ちなみに、お昼、私は仕事の都合で一度出社せねばならず、
3時間ほど留守にした。
その間、看護師さんが「ご飯を食べさせてくれた」そうだ。
いたく感動していた。

戻るころには当然個室だろう・・と思っていたら、まだyue少納言は
2人部屋に寝かされていた。しかも、隣におじいちゃんが寝ていた
ちょっとかわいそうだった。(もちろん、仕切りはあったが。)

その後、主治医・U医師が自ら来て、動脈血を採血していった。
結局レントゲンも部屋に機械を入れてとった。

移動しなくてすむのはよかったのだけど、

正直に言うと、採血は看護師さんに
やってもらったほうが痛くなかったと思う。

4時ごろにやっと個室に移動することができた。

ゆかたに着替えさせるから、男性は外に出る用に言われ、
外へ出ると、ナースステーションでU医師が待っていた。

レントゲンの所見で、肺転移はない。

しかし、おそらく癌性リンパ管症という状態に陥ったという。
肥大化したリンパ管が肺を押すことにより呼吸が妨げられるのだそうだ。

実は先週のタキソールの増量により、CA19-9の値は下がっていた。
しかし、そのマーカー値と肺のリンパ管の進行にはまったく関係がない。

HER2という別のマーカー値が先週の何百倍という数値に跳ね上がっていた。
予想外のマーカーで(乳がんなどで上がることが多い と思ってる)、
大学病院では今まで経過を見たことはなかった。

もう、週単位ではなく、日、いや、時間単位の倍倍ゲームだったのだ。

私は、緩和医療への移行が必要かを聞いた。
U医師は、緩和はここでも可能だという。
しかし、移れるところがあって、どうしてもというなら
それでもよいと言ってくれた。
ただ、先生としては緩和と治療が二者択一になることは
納得がいかない ともおっしゃった。

先生に状況を聞いた私は、部屋に戻った。
今度は夕食がそのまま置いてあった
看護師さんが、「あなたが食べさせてあげて」と言いたげに
こちらに目配せをくれた。

それから、夕食の茶碗蒸しを食べさせてあげた。
yue少納言は、本当にうれしそうだった。にっこり微笑み、
「この病院結構ごはんおいしいかも。ぱぱっち、残り食べて」と言った。

私は覚悟をきめた。

食事の後、予後以外のほぼ概要を伝え、
「ホスピスへ行く選択をするなら今しかない」
という話をした。

yue少納言はそのことには納得をしたものの、ホスピスへの
転院ははっきり拒否した。

理由は、「この病院なら抗がん剤と緩和医療を併用できるから。
そして、そのために自分が選んだ病院だから。」 だった。

8時過ぎごろ、yue少納言の母親に連絡を取るため、外に出ると、
U医師が外にいた。待っていたかのようだった。
------------------------------------------------

あまりに長くなりましたので、今日はこの辺で・・。
また明日続きを書きます。

慣れないと、書くの疲れますね。

読みにくくて申し訳ないです。あと、顔文字ないのも。

|

« 旅のお供 | トップページ | 最後の選択 »

コメント

詳しく教えてくださってありがとうございます。
ぱぱっちさんがyue少納言さんの意思を尊重して
最後の入院生活が決まったんだなって知って、
あらためてyue少納言さんのパートナーであるぱぱっちさんの
素晴らしさに感涙してしまいました。
きっとyue少納言さんご本人がそのことを実感しながら
旅立たれたんだろうなと思います。
慣れないブログ更新お疲れ様です。
無理せず、できるときに続きをお願いします。
また必ず見にきますね。

投稿: たんたん | 2006年7月16日 (日) 22時44分

本当にありがとうございます。
やっぱり、泣けます。
お二人、本当に仲良しだったんだな~って、あらためて感じました。信頼しあっているんですね。
ブログの更新、お時間のある時にゆっくりで結構です。とっても読みたいけれど、ぱぱっちさんの体のほうが大切です。どれだけ時間が空いても、必ず見に来ますので、どうかゆっくり更新してください。
毎日、yue小納言さんのこと、考えてます。

投稿: すみ | 2006年7月16日 (日) 23時02分

まだ葬儀も終わったばかりで、心身ともにお疲れでしょうに・・・。
あまり無理なさらず、できる時に少しずつ、続きを綴っていかれますように・・・。
ゆっくりお休み下さいね、また来ます。

投稿: りんりん | 2006年7月16日 (日) 23時04分

ぱぱっちさん、お疲れ様です。
奥様の最後の旅立ちまでのご経過を書いて頂けると言う事で…
とても暖かいお二人の気持ちが伝わってきました。
でも、無理をしないで下さいね。
まおたんのことが今は一番大事なのですから。
そして、お仕事も大事ですから。

ぱぱっちさんとまおたんが、ずっとずっと元気でお過ごしできますように。
きっと奥様が、見守ってくださっています。

投稿: るりか | 2006年7月16日 (日) 23時56分

お疲れの中コメント、更新ありがとうございます。
まおたんは「むしさん音頭」踊ったのですね。きっと、yue少納言さんも見ていてくれたことでしょう!
前日購入された車椅子での病院までのドライブ、>「これだけでも元はとったよ」と明るく言った<思いやりあふれる言葉ですね。
苦しい中で「食べさせてもらった」ことに感動するとは、優しく、謙虚な心ですね。
こういうお話を読むとyue少納言さんは本当に幸せに旅立たれたと実感します。
yue少納言さんはみんなのブログの中にいつまでも生き続けて行くと思いますので「終わり」にしないようにしていただければ幸いです。」

ぱぱっち様。皆様のおっしゃる通りくれぐれも無理しないようにしてくださいね。

投稿: のほほん | 2006年7月17日 (月) 00時48分

はじめまして。いつも見ているだけで勝手に応援していたのですが今となり、私はyue少納言さんに生きるという意味を教えて頂いていたんだと思うと泣けました。もっともっとお話して欲しかった。幸せに旅立つとこ。人間の最後の場面でそうあるためには本当に本人様もご家族も全力で取り組まれた結果なのです。医療の現場で働く私もなかなかそのような場面に出会えることは少ないです。本当にぱぱっちさん、よく頑張られました。これからはまおたんの成長をyue少納言さんに報告して行かなければなりませんね。いつかこのブログをまおたんが見てお母様の優しさ、強さ、大切なものはなにかということ、学ばれると思います。何十年さきかもしれません。ですがまおたんにあなたのお母さんはすばらしい方だったといつかお話できることを夢見ています。

投稿: AI | 2006年7月17日 (月) 01時17分

ぱぱっちさん、更新していただきありがとうございます。私はまだがん告知を受けて3週間しかたっておらず、治療もまったく始まっていないのです。オットが脱サラ、起業したこの3年間、休みもなく仕事を手伝わせてしまったことが、私をがんにさせてしまったとオットは自分を責めています。がんになった本人は辛いですが、支える家族もまた辛いんですね。代わってあげたいって泣くオットの背中をなぜながら、これから私達がたどる道を考えています。
ぱぱっちさんご夫婦の強さ、信頼し合うことの素晴らしさを心の支えにします。
ありがとうございました。

投稿: ミームラ | 2006年7月17日 (月) 10時48分

お疲れの中、ブログの更新、ありがとうございます。
私たちは皆、yue少納言さんと今を生きることを共有した人間です。こうやってお話を聞かせてもらえると、ブログ以外のyue少納言さんの様子や精神性がわかってとても嬉しいです。ありがとうございます。

7月に入ってから、こころぐベーシックは管理画面へのアクセスがしづらくなっていて、せっかく入力してもフリーズしたり、管理画面までたどり着けなかったり、たどりつっくまでに5分以上かかったり。
yue少納言さんがそれほど楽しみにしてくれていたのなら、何時間かかってでも投稿すれば良かった!コメント欄でもっとおしゃべりすれば良かった!


まおたん、むしさん音頭、踊れたのですね。良かった~。お天気も急に好転したと。yue少納言さんの思いが通じたのですね。
とても気になっていたので良かったです。

HER2は乳がんで調べるたんぱく質です。ハーセプチンという分子標的薬が使えるのです。私は陰性なので使えませんが。こういう話をきくと、がんという病気の複雑さを感じます。

医療制度(治療と緩和の併用)についても、私たち自信、もっと声をだしていかないとダメなんですよね。

投稿: きゃんべる。 | 2006年7月17日 (月) 11時35分

ぱぱっちさん、お辛い中ご報告ありがとうございました。yue少納言さんはどんな辛い時でも、明るく、優しい気持ちをお持ちの方ですね。彼女はどうしてこんなに明るく、前向きなのでしょうか?ブログを最初から読んでみました。きっと、病気になる前も一生懸命生きてきた方なのでしょうね。あと、ぱぱっちとまおたんの存在も大きかったのでしょう。でも、1ヶ月前には誕生日のお祝いで、美味しそうなステーキを食べられたのに。私も自分が食べてるような感じでブログを読みました。私は毎日、yue少納言さんのブログを読む事が日課でした。コメントには必ず返事をくれました。今はあまりパソコンを開かなくなってしまいました。でも、今日のぱぱっちさんのコメントで、最後までブログを読んでいたと知りました。私は、又、毎日ここに来ようと思います。

投稿: ハム | 2006年7月17日 (月) 14時16分

こうして読ませて頂いていると、
またyue少納言さんに会えたみたいです。
嬉しいです。

投稿: あつこ | 2006年7月17日 (月) 18時47分

こんばんは。お疲れ様です。
まおたん偉い!! むしさん音頭、元気に踊ったんだね。
さかなの、おばちゃん応援しているよ!!
ぱぱっちさんもすばらしい文才ですよ!
また続きを読まさせていただきます。

投稿: さかな | 2006年7月17日 (月) 20時27分

ぱぱっちさん
お忙しい中、更新ありがとうございます。
まだ、お葬式も終わったばかりでお疲れの事と存じます。無理せず、お身体ご自愛ください。

yue少納言さんとまた会えたようでうれしいです。
ぱぱっちさん、本当にありがとうございます。

投稿: オレンジ・みかん | 2006年7月17日 (月) 20時35分

ぱぱっちさん 更新本当にありがとうございます。

まおたん「むしさん音頭」元気に踊ったんですね
yue少納言さんお空からきっと目を細めて見てたんじゃないかな

ぱぱっちさん 無理せずお身体にお気を付け下さいませ

投稿: hhitomii | 2006年7月17日 (月) 21時12分

ぱぱっちさん、まおたん、こんばんは。
もしかしたら更新されているかもと思い通りすがってみました。
今年で結婚15年目になる、はむ夫との生活。
彼の中で、わたしの「やまい」という状態がどのように受容され、解釈されているのか、私は知らぬままです。彼の目に私の人生がどのように映っているのか。おそらく彼自身も言葉にできていないことを多く抱えているのだと思いますが。
今日のぱぱっちさんの文章を読みつつ、ふと、珍しく、夫の心のひだの内側をのぞいてみたくなりました。

投稿: はむうし | 2006年7月17日 (月) 21時27分

ぱぱっちさん投稿ありがとうございます。
皆さんも言われていますが、恐縮する気持ちもあるものの、やはりぱぱっちさんの文章嬉しいです。
yue少納言さんの最期のこと等を知る術は他にない訳ですから。
それから、まおたんは元気かな?ご飯食べてるかな?まおたーーんという気持ちも強いです。
お時間のある時で構いませんので、ぱぱっちさんの文章楽しみにしていますね。

投稿: 悠 | 2006年7月17日 (月) 22時06分

ぱぱっちさん、お忙しい中更新ありがとうございます。

まおたん、むしさん音頭、元気に踊ったのですね! 
まおたん、とってもえらかったね・・・。

yue少納言さんが最後まであきらめずに前向きだったことを知り、
また涙が溢れてしまいました。
ご自身の状況をきちんと納得された上でホスピスへの転院を
ハッキリと拒否されたとのこと・・・yue少納言さんの生を決して
あきらめない、強い意志と凛とした強さを感じます。

あぁ、ほんと~にほんとに素敵な女性・・・yue少納言さん。
その生き方まで、かっこいいなぁ・・・。
ぱぱっちさんも、文章からyue少納言さんへの愛情が伝わります。
お二人は理想のご夫婦ですね。
憧れます・・・。

投稿: ゆっこ | 2006年7月17日 (月) 22時26分

ぱぱっちさん、お忙しい中、ありがとうございます。
yue少納言さんも、ぱぱっちさんに食べさせてもらった茶碗蒸しが
どんなに美味しく、どんなに嬉しかったと思います。
この続きは、無理しないで、お時間があるときに
書いていただければ・・・
待ってます!

投稿: カズ | 2006年7月17日 (月) 23時30分

>みなさま

暖かいコメント、本当にありがとうございます。お言葉に甘えて、あわてずに少しずつ書いていくことにしたいと思います。
yue少納言なら、皆様に一つ一つコメントをお返事するのでしょうが、すみません、今はちょっと無理です。
でも、位牌の前でyue少納言と一緒に読んでます。とてもうれしいです。
大変失礼ですが、お言葉に甘えて無理のない範囲で更新していきます。
皆さんのブログもいろいろ回っています。yue少納言のことを書いていただいているところにはできる限りコメントを残してきたいと思っておりますが、まあ、こちらもまったりと順番に回らせていただければ・・。
とにかく、今はこのブログが、私にとって2番目に大きな心の支えになっています。大事にしていきたいと思います。本当にありがとう!

投稿: ぱぱっち | 2006年7月17日 (月) 23時44分

ぱぱっちさん、どうもありがとう・・・
yueさぁん・・イイ旦那さんだねぇ~
私はとにかく泣くしかないよ~・・・

投稿: pee | 2006年7月18日 (火) 00時45分

まおたん、むしさん音頭元気に踊れてよかったです!!

すごくショックだったし、すごく泣きました。

ほんとうに悲しかったです。

今は落ち着いて色々yueさんのこと思い出すことができます。

元気な楽しいyueさんを思い出せます。

元気と楽しさをありがとう。です。


投稿: merry | 2006年7月18日 (火) 02時12分

ぱぱっちさん、お疲れのところコメントありがとうございます。
数日前、千歳空港に行ってきました。
旅立たれる1ヶ月前にご旅行で降り立たれた場所ですよね。yue少納言さんはこの広大な景色をごらんになられてどのように思われたのか・・など想像しておりました。考え深いものがありました。
いつも感謝の気持ちと揺るがない強い意志と愛情をもっておられたyue少納言さん。私は忘れません。
以前、「どうしてそんなにお強くなれるのでしょう」という私のコメントに家族や周りの方がいてくれるから・・とコメントを返してくださいました。
ぱぱっちさんとまおたん、そして周りの方々、そしてブログでのお友達などがyue少納言さんにとって生きる活力となっていたように思います。
また会える日まで(といってもyue少納言さんはいつも見守っていてくださると思いますが)ぱぱっちさん、まおたん、お体にお気をつけてお過ごしくださいね。また遊びに来させていただきます。

投稿: パッチワーク | 2006年7月18日 (火) 08時39分

ぱぱっちさんへ

キャンサーブロガー娘。女所帯ですが(笑)、無理のない範囲で末永く、お付き合いしてください。愚痴、泣き言、なんでもOKベイビー!
これも何かの縁ですからね。

投稿: きゃんべる。 | 2006年7月18日 (火) 11時48分

ぱぱっちさま
お忙しい中、ありがとうございます。yue少納言さんの一つ一つのコトバ、ばぱっちさまとのお二人のやりとりを拝読して、本当に強い愛情と信頼で結ばれたお二人なんだな…って、初回から涙です。。
私は入院中ですが、ばっちりこちらのアドレスも携帯に転送し、いつもyue少納言さんが近くにいるような感じです。
ぱぱっちさまが更新してくださって、それだけで嬉しいです。ただ、無理はなさらずに、「まったり更新」してくださいね!

yue少納言さん
今日は、yue少納言さんも応援してくれていた「アクトポちゃん」の点滴でした。
yue少納言さんも持っているという例のパンダちゃんを連れてきましたよ!
yue少納言さんのパワーもいただいて、そろそろ終わりそうです(*^_^*)

投稿: れひ@病院! | 2006年7月18日 (火) 19時42分

ぱぱっちさん、こんばんは。
今日は、まぐろです。
きゃんべる。さん。オイラもいるよ(笑)
うちの妻、最近お疲れモードに突入しているのです。
でもって、ブログの書き書きもさぼりがち。ごめんなさいね。
男同士ぼちぼち書き書きしますか。
これからも宜しくです!!

投稿: まぐろ | 2006年7月18日 (火) 19時46分

ぱぱっち様
ありがとうございます。更新楽しみです!是非是非まったりペースで続けてください♪
ぱぱっちさんがこのブログを残してくれているので、yue小納言さんとお話してるみたいな気持ちになれます。
まおたんの近況報告も、たまにしていただけると嬉しいです♪
でも今は身体に無理のないようにしてくださいね。

投稿: すみ | 2006年7月18日 (火) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/2681698

この記事へのトラックバック一覧です: 入院の日のできごと:

« 旅のお供 | トップページ | 最後の選択 »