« 採血結果。 | トップページ | ハッピーバースデー自分♪ »

2006年6月15日 (木)

サードオピニオン

今日は、本やブログを読んで、

「この先生の考え方で治療してもらえたらいいかもなー」

と思えた先生のところへ、行ってみた。
そのU先生は、少な目の抗がん剤を長く続けることで、がんの縮小よりも、副作用を少なくした上での延命を重要視する方針なのだ。

ウチからその病院まで通うことになっても、今まで通っていた大学病院よりちょっと近いくらいだ。
だから、通えるし。

午後3時の予約。20分後くらいに、診察室へ呼ばれた。

で、先生に、自分の知っている限りの自分の病状、Gセンターで薦められた治療法、などなどを話す。
「タキソール単独使用」以外、今の病院では選択肢がないので、困っていることを伝えた。

先生は、そのGセンターの先生が提示してくれた治療法について、

「それはかなり副作用がキツイですよ。自分なら、それよりは無治療を選択するでしょうね」

というようなことを言われ、

コ、コレは、無治療をすすめられてるのかΣ( ̄ロ ̄lll)?

と一瞬青くなったが、そういうわけではないらしい。

「もうすぐ4歳になる娘がいるんですが、できれば小学校に入るくらいまでは、がんばりたいんです・・・・」

と話したら、

「小学生といわず、中学生になってもがんばりましょうよ。」

というようなことを言って下さった。

先生は、治療を引き受けてくれるらしい。
そして、ここなら組み合わせで10種類以上試してくださるそうだ。

「で、今からCTを撮ってきてもらえます?前のCTは5月はじめので、古いから。あと採血も。」

と言われ、ちょっとびっくり。そんなすぐにCT撮ってもらえるなんて、今までの病院では信じられないことだったからだ。

すぐに採血

ベテラン看護師さんに、いつもしているように、両腕を見せる。
右は刺しすぎ、左は細すぎですが、どっちにしますか?と。

すると看護師さんは、じゃ、左でいきましょうか・・・と、軽い感じで、ささっと採血を終わらせた!!

ブラヴォーッ (*゚▽゚ノノ゙☆!!!

左は、今までの失敗確率80%くらいなのに。なんのことはなく採血終了。

で、次は検査着に着替えて、CT撮影。造影剤なし。

例によって、「息を止めてください」と言われると窒息しそうになったが、これもなんとか終了。

さっきの診察から1時間半後くらいに、また診察室に呼ばれた。

「CT上では、明らかに腫瘍が大きくなってるとかいうことはなさそうですね」

と言われ、一安心。

とりあえず、TS-1を少量ずつ毎晩のみ、毎週点滴で、少量のタキソールに微量のシスプラチンを足して使いましょうか・・・・とのことだった。

あと、私が前から使いたいんだけどな~と思っていた、骨転移に効く薬、ゾメタを使ってくださるという。
右大腿骨にある骨転移が危ない。骨折したら寝たきりになってしまうから・・・ということだった。

それはウレシイ。

今日から少量のTS-1の内服をはじめ、来週月曜から、さっそく点滴もしてもらえることになったのだった。

この迅速さがすばらしい!!

というわけで、転院になりそうです・・・・( ̄▽ ̄;)。

|

« 採血結果。 | トップページ | ハッピーバースデー自分♪ »

コメント

ゾメタは「骨転移に効く薬」ではないんですよ。「高カルシウム血症を改善する薬」なんです。

悪性腫瘍は「破骨細胞活性化因子」を出すから、破骨細胞が元気に働いて骨が溶けちゃうんですね。で、骨が必要以上に溶けると高カルシウム血症になる。
ゾメタは破骨細胞を殺す薬です。破骨細胞が死ねば、骨は溶けませんからね。

悪性腫瘍による高カルシウム血症は20〜10人にひとりくらいです。yue少納言さんが該当していなければ、使っても意味が無いと思われます。

投稿: Pazzo | 2006年6月15日 (木) 22時54分

治療法をいろいろ提示してくれて、よかったね~♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪
サードオピニオン聞きにいった甲斐があったね!
よく効く組み合わせの薬があるって信じて、まおたんがおっきくなるまでがんばろ~!

投稿: おーじろう | 2006年6月15日 (木) 23時10分

 >Pazzoさん
さすが詳しいですね!
でもとりあえず、気になってたので使ってみます。効かなかったらやめますわ。

 >おーじろうさん
なんにしても、ダメでもともと、なので。
副作用でへばるを避けてくれるだけでも、ありがたいと思っているのです。
この先生の治療は、エビデンスというものはないのだけど、賭けてみよう!という感じかなー。

投稿: yue少納言 | 2006年6月15日 (木) 23時22分

遅れましたが、お帰りなさいです~。北海道よかったみたいですね。私も来月行きますよ!!

今の先生もいい先生で、今度の先生も良さそうですね。再発・転移がんって標準治療がないから病院、医師によってかなり治療法が違うんですね。

抗がん剤をその人に合った量を探してやってくれるのはいいですね。ステージ4でもこんなに長生きできるんだ!!ってお手本になりましょう、一緒に。

投稿: よぎょ | 2006年6月16日 (金) 00時13分

そうですね。トライすることにも意義がありますね。
でも副作用の強い薬(副作用の発生率もかなり高い)ですから、気をつけて。

投稿: Pazzo | 2006年6月16日 (金) 00時14分

すご~い!!

一気に選択肢が増えた感じで、なんだか先行き明るいですね!
しかも良さそうな先生でよかった~!!

対応の早さも素晴らしい!

転院って不安もあるけど、希望もありますよね。
スムーズに行きますように・・・!

投稿: すみ | 2006年6月16日 (金) 00時22分

 >よぎょさん
ただいまー!来月北海道なら、きっとお花がいっぱい咲いてるでしょう。楽しみですね。

ステージ4の胃がんについては、標準治療のガイドラインみたいなものが、ないみたいですからねぇ・・・。結局、患者自身が色々調べて、自分が納得できる治療法を探さないといけないんですよね。

 >Pazzoさん
ありがとうございます!
副作用があまり出ないこと、骨に効くことを祈って、やってみまーす。

 >すみさん
ありがとう。気持ち的には、ほっとしました~。
Gセンターの先生の言う治療を二種類連続して試しても、「幸運にして効いたとしても数ヶ月ずつ」しかもたない、ということだったのです。
それで副作用が強く、寝ている期間が長いのって、どうなんだろう?という疑問がありました。今回の先生の治療が効いてくれれば、それが一番いいんだけどなーと思っています。

投稿: yue少納言 | 2006年6月16日 (金) 09時00分

おぉおおおw
なんか嬉しいwww
頼もしそうな先生で良かったですねヽ(^◇^*)/

投稿: rin | 2006年6月16日 (金) 09時16分

 >rinさん
ありがとうございます~。
でも、このU先生は、かなり個性的な感じの先生って感じなので、合わない人は合わないかも・・・。

投稿: yue少納言 | 2006年6月16日 (金) 09時44分

治療法が決まって良かったですね。転院は少し不安かもしれませんが。副作用は強いのですか?大丈夫ですか?でも、先生の「中学生になってもがんばりましょう。」という言葉は心強いですね。

投稿: ハム | 2006年6月16日 (金) 10時20分

素晴らしい!
こういう早い対応っていいですね。
自分の事のように、希望の光がきらきらと輝いています。
ここは1つ、高校生の姿も見ましょうよ!

投稿: rider | 2006年6月16日 (金) 11時12分

 >ハムさん
今までのK先生も大好きでしたから、転院するのは残念です。
でも、自分の命がかかってますからね。選択肢の多そうな病院を選ぶことにしました。

 >riderさん
この病院は、大きい病院ではないので、かえって対応を早くできるのかもしれないですね。
治療がうまくいって、ながーく延命できるといいな!

投稿: yue少納言 | 2006年6月16日 (金) 13時25分

なんだか読んでて嬉しくてドキドキしちゃった!
一つ良い方向にころがると、そのままドンドン転がっていくものです。
ここは勢いつけて、まっしぐらに転がって生きましょう!
まおたんと、お洋服買いに行って、かえっこして着るんでしょ?

投稿: がんこ | 2006年6月16日 (金) 13時51分

 >がんこさん
ありがとうございます!
本当にそうなるといいな~。まおたんとお洋服とりかえっこ(ミニスカはいたら近所迷惑か)!!
今の私にとっては、どんな治療も「賭け」ですが、なんとかうまくいくと信じて、通院します~。

投稿: yue少納言 | 2006年6月16日 (金) 14時36分

ドラマだなぁ・・・
でも、サードオピニオンで納得して次のステップに進めるわけで、本当によかったと思います。
で、シスプラチンも追加するんですね。
ちょっと手強い薬かもしれないけれど、私も陰ながら応援しています。
いっそシスプラチン・シスターズでもつくるかー。

投稿: yann | 2006年6月16日 (金) 15時01分

>少な目の抗がん剤を長く続けることで、がんの縮小よりも、副作用を少なくした上での延命を重要視する方針なのだ。

↑ いいですねこれ なかなか実践してくれる先生いないですよね 私もその病院紹介してもらいたいです~~

投稿: hhitomii | 2006年6月16日 (金) 15時34分

そんなに素早く転院できるものなのですね。
病院も早いけど、yue少納言さんもめっちゃ動き早いですね。

それから多摩動物園に行ってきましたよゝ( ̄∀ ̄)ノ

投稿: ウスイ | 2006年6月16日 (金) 16時27分

こんにちは=^^=なんだか嬉しいです。気持ちをどんな風に言葉にすればよいのか?難しいですが・・・自分自身に置き換えると、通院での治療(現在の日常とあまり変えたくない)での延命が望ましい・・・少しでも家族と長くいたい・・・
治療など、また新しいスタートになりますが良い風が吹きますように心から祈っています♪

投稿: marumomo | 2006年6月16日 (金) 17時17分

 >yannさん
シスプラチン・シスターズですかぁー。いいですね。(いいのか?)
本当に、自分の毎日がドラマかノンフィクション番組のようですわ~。

 >hhitomii さん
いらっしゃいませ!時々他の方のブログでお名前みかけてました。
そういう治療をしてくれるところ、本当に少ないですよね。
http://umezawa.blog44.fc2.com/
参考までに、この先生のブログを、ご覧下さい。

 >ウスイさん
多摩動物園行きましたか!!
あそこ、けっこう楽しいでしょう?ウチの夫婦では、結婚前のデートでも行ったりしてました。
病院探し、病院からさじを投げられて「がん難民」になっちゃう人もけっこういるんですよ。
私は、先生に引き受けてもらえてラッキーでしたね。

 >marumomoさん
ありがとう!そうですよね。私も、なるべく外来で、入院は少なく済ませたいんです。
うまくいくといいなー。

投稿: yue少納言 | 2006年6月16日 (金) 17時43分

yue少納言さん、おっかえりなさ~い。そして、たっだいま~です!
ブロガー内で南北制覇!韓国組もいるので、世界制覇まであと一息!

でも良かったですね。自分で納得、満足できる先生、治療がみつかったようで。こういうのも縁ですから、この際、その縁にのっかっちゃいましょう!

シスプラチン・シスターズかぁ!NEWがんはシスプラチンは使わないからな~。
5FUーズってはどう?戦隊ものは「5」じゃなきゃね~。

投稿: きゃんべる。 | 2006年6月16日 (金) 18時10分

北海道から帰ってきてからも忙しくしてるのねー!!!

アレディア・ゾメタは乳がんでは高カルシウム血症がなくても標準的に使ってる・・・
骨を強くするという認識で私はいるけど?
骨転移は骨形成性転移と骨溶解性転移があるとか。
あと骨転移では骨髄の造血機能が侵されて貧血になるらしい。
病的骨折や圧迫骨折が起きると主婦は特に致命的だもんね~。。。

少量の薬でコントロールするには頻繁な経過観察が必須になるんでしょうから、大変かもしれないけど応援してるからね^^!

>小学生といわず、中学生になってもがんばりましょうよ。
U先生、いってくれますなー。
そんな言葉言われると、くるな~><。。。

投稿: ぶげまま | 2006年6月16日 (金) 18時30分

とても良い先生と病院に巡り会えて良かったですね。
GOGO少納言さん。一緒に80歳まで生きるべ~。

投稿: さかな | 2006年6月16日 (金) 18時31分

 >きゃんべる。さん
おかえりなさい!元気なG患者たち、バンザイ!!
5FUーズ・・・いいような、悪いような・・・(汗)。
とりあえず、歩いていく道が見つかって、ちょっとホッとしております。
いばらトゲトゲの道じゃありませんように。
 
 >ぶげままさん
今回の先生も、高カルシウム血症かどうかは、あまり気にしてませんでしたね。効くといいけど。
これからは、毎週腫瘍マーカーもとって、薬が効いてるかどうか確認してくれるようです。
毎週、はりきって通院しますよ!!

 >さかなさん
ほんとほんと、平均寿命までがんと共存すれば、いいのよね~。そうなりますように☆

投稿: yue少納言 | 2006年6月16日 (金) 18時46分

良かった!良かった!
私も「小学生と言わず、中学生になってもがんばりましょうよ」にグッときました。
中学生と言わず、高校、大学、お嫁さん先はまだまだありますよ!
仏陀も、アラーも、イエスも、ブログ仲間もみーんなで守っちゃるけんねエ!!!

投稿: のほほん | 2006年6月17日 (土) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/2234180

この記事へのトラックバック一覧です: サードオピニオン:

« 採血結果。 | トップページ | ハッピーバースデー自分♪ »