« また病院行ったよ | トップページ | 「がん」に奇跡を起こす本 »

2006年5月17日 (水)

おばあちゃんの、がん

今日はわりと元気になりました(^◇^*)!!
昨夜飲んだ下剤のおかげで、時々ちょっとハライタになるが・・・。

おとといの外来化学療法室で、点滴が終わって帰ろうとしたときのこと。
向かい側のベッドのおばあちゃんに話しかけられた。

おばあちゃんは、84歳だそうだ。

東京からはるか遠い自宅に住んでいたとき、自治体の検診で肺がんが見つかったらしい。
レントゲンを撮ってから、2ヶ月も経って、担当の先生(女性)から電話があり、

「あなた大変よ!肺がんなのよ!!

・・・・それで、どこの病院で治療受けますか?」

とイキナリ言われたそうだ。
急に言われても、がんだなんて言われてショックで頭が回らないし、どこの病院がいいかなんてわからない。先生の方で紹介してくれないのか?と、思ったそうだ。
確かに、ヒドイ対応だと思う。

結局、息子に相談したら、お嫁さんが「私たちが責任持って面倒見ますから」と言ってくれたそうだ。
それで、東京へ出てきて、息子夫婦の家に近い、今の病院にきたらしい。

このおばあちゃんは、ずーっとしゃべり続け、私の発する質問などは、100%耳に入っていない。
質問にかぶせて、自分の話を続ける。

おばあちゃんは、私のアイヅチしか求めていない・・・(・口・)

と、すぐに気づいた私。

「そうですかー」&「大変でしたね~」

の2パターンの相槌をうち続け、聞き役に徹した。

おばあちゃんは、

「84にもなって、抗がん剤なんかをうつ羽目になるとはねぇ・・・」

「親戚も友達も、このへんには誰もいないのよ」

と、しみじみ涙をぬぐう。
確かに、知り合いのいない土地へ、その歳で出てくるのは、さぞかし寂しいものだろう。

しかし。

私から見れば、84歳まで生きられたこと、息子夫婦が気持ちよく面倒を見てくれていること、どちらも、ヒジョ~~にうらやましいことなんだけどなー。

私は、大人になった娘の顔や孫の顔を見たいけど、見られない可能性が圧倒的に高い。
ランドセル姿すら、見られない可能性も高い。
娘が学校を卒業して社会に出るまで生きられたらいいなぁ・・・と願っている状況なのだ。

それでも。
私よりずっと若い人や子供で、生きたくても生きられなくなった人だって、たくさんいる。
そういう人たちから見たら、こんな私の状況だって、うらやましいのだろうし。

人間って、欲には限りがないんだなぁ・・・・。

と、改めて感じた。
いくつまで生きても、やっぱり常に元気でいたいし、生き続けたいものなのだろうね。

私は、看護師さんが来てそのおばあちゃんに話しかけたタイミングで、やっと帰れたのだった・・・・(-o- )。

|

« また病院行ったよ | トップページ | 「がん」に奇跡を起こす本 »

コメント

お疲れさま!聞き役、しんどいよねー。
私も特養でボラしてたとき、爺ちゃんの世話をしながら、「あたし、このGGより先に死ぬかもしれないのに、なんで、こんなに尽くさねばならぬのだ?わしにも誰か尽くしてくれ~」と邪悪なことを考えました。でも、長く生きても、一人ぽっち。。。
「人生、長さじゃない!」
そう思うようになりました。お互い、太く生きようぜ、yue少納言さんよ~。

投稿: きゃんべる。 | 2006年5月17日 (水) 17時26分

同じくお疲れ様でしたね。
私と母と同じ肺がんですが、
母の発症は72歳でした。
自分がその歳まで生きられるかどうか・・・

色々あってひとりぼっちになって
きゃんべるさんの仰るとおり
「人生、長さじゃない!」と思います。
「恋の1時間は孤独の千年」っていう歌があるけど、恋はなくてもいいから
家族の愛に包まれた1時間が欲しいですよ、しみじみ。

投稿: ひろみっち | 2006年5月17日 (水) 17時42分

 >きゃんべる。さん
特養でボランティア!エライわきゃんべる。さん!!
お年寄りは、たとえどんなにイイ人でも、他人の話を聞けなくなっている人が多いので(脳が年齢とともにそういう風に変化するのだそうな)、聞き役だけを要求され、けっこうきついですよねー。こっちだってツライ状況なんだし。
うん、私も太く生きるぞ!!!

 >ひろみっちさん
そうですね。人生、長さだけが重要ではないですよね~。これからも、シアワセを求め、与えられているシアワセは大事にして、生きたいですね。
お互い、いい人生を送りましょう、ひろみっちさん!!

投稿: yue少納言 | 2006年5月17日 (水) 18時21分

ながーいお話たいへんでしたね。私は欲のかたまりですよー。しかもデカイぞーさん。yue少納言さん、弱気になったら負けちゃうよ!!強気でGOGOよ。

投稿: さかな | 2006年5月17日 (水) 19時27分

 >さかなさん
おばあちゃんは、話し出すとみんな長いです・・・。入院中も、私はもっぱらおばあちゃんたちの話の聞き役でした。
欲は、変に抑えないで、たくさん持ったほうがいいのかも!!

投稿: yue少納言 | 2006年5月17日 (水) 22時34分

私は仕事が年寄り相手ですから、ヘルパーしていた時は絶対長生きしたくない!!と思ってました。
自分はなりたくないと思ってもイヤァ~な老人になりそうでねぇ。
「長生きしたくない」と思ったから、Gになったのかなぁなんて考えたこともありましたょ。
長~く生きるんじゃなくて、「良く」生きたいですよねぇ。

投稿: のほほん | 2006年5月18日 (木) 00時30分

 >のほほんさん
ヘルパーさんって、本当に大変な仕事みたいですねぇ。昔の職場で一緒だった人(もう成人したお子さんがいる女性)が、ヘルパーに転職したのですが「やりがいはあるけど、かなり気も体力も使うし大変だよ~」と言っていましたっけ。
うん、そうですね。のほほんさんの言うとおり、良く生きられれば、幸せですよね。

投稿: yue少納言 | 2006年5月18日 (木) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/1827920

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃんの、がん:

« また病院行ったよ | トップページ | 「がん」に奇跡を起こす本 »