« 「がん」に奇跡を起こす本 | トップページ | 遠足・・・ »

2006年5月19日 (金)

甘い人生

観ましたよ、きのう。

イ・ビョンホン主演「甘い人生」のDVD!

主人公・イ・ビョンホン様はホテルのクールなマネージャー役。渋い!

主人公は、裏社会のボスらしい「社長」に、若い愛人が浮気してないかの監視を、3日間するよう頼まれるんだけど、その間に愛人が若い彼を家に連れ込んだ。

主人公が、その愛人にちょっと心惹かれてかわいそうに思い、ボスに頼まれた「連絡」や「始末」をしないで見逃してあげちゃったので、ボスが怒り、手下を使って主人公を超ヒドイ目にあわせまくる・・・・・。
(ボスも、器のちっちぇー男だよ・・・・)

ボカッ!ドスッ!!バキッ!!血がダラ~

ブスッ!ブスブスブスブスッ!!!血がドバ~

バキューン!ドドドドドドド!!!!血がブシュ~

そんな感じで、全編血まみれだ~~Σ( ̄ロ ̄lll)ヒエー!!
コワーーーーーイ!!イターーーーーイ!!

主人公は、めっちゃくちゃ強い。

一度は、ボコボコの血まみれ状態にされて、泥の中に埋められる。
そんでも泥から這い出し、戦って逃亡!!

わき腹をブスブス何回も刺されて、血がハンパなく出ていても、死なない。

その状態でもまだ戦う ( ̄□ ̄;)!!!

スゲーよ・・・・・・・・・・

ありえね~~~!(終わり方もやっぱ不思議だし。)
韓国の皆さんは、これ、違和感ナイの?と思ったが。

「日本の水戸黄門なんかも、ただの杖を持った老人が、刀を持った悪人たちと戦って勝ってるんだから、相当ありえねーぞ!」
と夫・ぱぱっちに言われた。

あー。言われてみればそうだね・・・・・。

あのアクションシーンの数々をスタントなしでやったらしい、イ・ビョンホン様の鍛えっぷりが観られるのが、この映画の魅力かしら。

でもやっぱり、最後のシーンで見せる、

笑顔がやっぱり一番ステキだわ(。-_-。*)

と思うのだった。

|

« 「がん」に奇跡を起こす本 | トップページ | 遠足・・・ »

コメント

やっぱり観たんですねぇ~^m^♪♪
ね、ね、ね、良かったでしょぉぉぉv(≧∇≦)v
私は普段はヨン好きですが、この「甘い人生」のイビョンはめっちゃ強くて渋くて、
それでいてシャイで好きです~(*≧m≦*)
「美しき日々」のイビョンもクールで渋くてカッコイイですよ(*^^)v
あとあと、「ハッピートゥギャザー」はそれらとは全く違う三枚目役なんだけど、
これまた違った顔のイビョンが見られますよ♪♪
是非観てみて下さいね~(^_^)/~

投稿: りんりん | 2006年5月19日 (金) 17時06分

そうか~、イ様はキョンシー様だったのね。
韓国映画の銃の打ち合いシーンだって、エンドレスだもんねー。すごいよねー。やっぱりキムチパワーなんだよ。

イ様のはにかみ笑顔が大好き~。

投稿: きゃんべる。 | 2006年5月19日 (金) 20時57分

 >りんりんさん
いやー。前回見たのとは、まったく違いますね!バイオレンス!!でも、その中で見せる表情が、またすごく素敵ですね・・・。
次は、「純愛中毒」を借りてあるので見る予定です。他のもチェックしまーす♪

 >きゃんべる。さん
そうですよね~やっぱ笑顔がたまりませんよね!!
この映画は、主人公がやられまくるところが、かわいそうで痛々しくて見ていられなかったのですが、そのあとも復活して戦うんですよー。すごすぎます。血が苦手でない方にはオススメです。

投稿: yue少納言 | 2006年5月19日 (金) 21時20分

「美しき日々」は見ましたが、「甘い人生」今度見てみます。そんなにすごいんですかー。ドキドキしちゃうなー。きゃんべる。さんのキョンシー様(笑)わたしも一発、キムチを食べてちょーキムチー(サブー)イ様いい体してますねー。

投稿: さかな | 2006年5月19日 (金) 22時51分

「純愛中毒」も、また違う一途なイビョンが観られますよ~(*^^)v
内容もドンデン返しとかあって、私的には面白かったです♪
おっとっと、内容を言っちゃぁ面白くないですね(^^ゞ
お楽しみお楽しみ・・・。

投稿: りんりん | 2006年5月19日 (金) 23時58分

 >さかなさん
すっごい血ですよ!ドキドキハラハラします。
こわかった~。

 >りんりんさん
そうですかー。一途なイビョンですか~。楽しみにして観ますね~♪(わくわく)

投稿: yue少納言 | 2006年5月20日 (土) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/1853539

この記事へのトラックバック一覧です: 甘い人生:

» NO.110「甘い人生」(韓国/キム・ジウン監督) [サーカスな日々]
「商人」のような「過剰さ」で自滅した作品 もともと「箪笥」というオカルトブームに便乗して制作した様でありながら、やけに芸術的なコマワリと様式美を「過剰」に詰め込んでいた監督だな、という印象を本作のキム・ジウン監督にはもっていた。 「芸術のように撮って、商人のように編集する」 解説のジウン監督のこの一言に、この作品の「過剰」もいいつくされている。 物語は単純だ。7年間ボスであるカン(キム・ヨンチェル)に忠実に仕え�... [続きを読む]

受信: 2006年5月26日 (金) 14時13分

« 「がん」に奇跡を起こす本 | トップページ | 遠足・・・ »