« 「サラリーマンNEO」を見て | トップページ | きのう、病室で・・・ »

2006年4月23日 (日)

緩和ケアの記事を読んで

読売新聞で、4/11~4/21まで生きる 緩和ケア病棟からという9回にわたる連載をしていた。

これがまた、あの癌研有明病院の緩和ケア病棟の話ばっかりなのだ。

しかも、いい話ばっかり・・・・・・。

NHKでも取り上げられて、めっちゃ人気が高まっているところなのに、これを読んで、またたくさんの患者が集まっていくだろう。

初回には、ホスピスが足りないことについての記事も同時にのせていたし、連載の最後には、全国の緩和ケア病棟やホスピスに対して行ったアンケートから、施設の抱えている問題点もいくつか書いている。

けど。

なんだか、この連載を見ていると、緩和ケア病棟は、末期がん患者の「天国」みたいに思えてくる。

緩和ケア病棟やホスピスは、ただ死を待つだけの場所じゃない。そういう誤解を解きたい・・・・というのが記者さんが伝えたかったテーマなのかな、と思う。

確かに、そういった誤解を解けば、緩和ケア病棟へ行った方がよりよい状態で過ごせるはずの人が、一般病棟でがんばるだけがんばって亡くなることは減るかもしれない。

でも実際に、いくつかのホスピスで外来を受けてきた私としては、

こんなにいいことばっかりじゃないはず・・・・という気がした。

たとえば一つの例をあげると。

夜景のキレイな都心にある、某有名病院の緩和ケア科に、夫・ぱぱっちが問い合わせの電話をしたとき、その電話に出た人は、

「痛みがないのに、来てもらっても意味がありませんから、痛みが出てから外来予約をとってください。」

と言ったそうだ。

痛みが出たとき電話しても、外来予約は一ヵ月後くらいにしか入れられないというのに。
さらに、外来に行ったあとも、ベッドの空きがなければ入院待ちだ。

痛いまま、一ヶ月以上待ってろってことなの( ̄■ ̄;)!?

しかも、

「うちのベッド代、高いですよ?それなりの収入がある方でないとツライと思いますが?」

というようなことも、言っていたそうだ。

又聞きだから、正確に何と言ったかはわからないが、ぱぱっちの印象としては、

セレブ以外は来ないでください

という雰囲気だったらしい・・・・( ̄_ ̄;)イヤーン

緩和ケアにたずさわる人たちが全員、私たち患者に対して親切とは限らないのだ。

他にも。

連載の最終回では、抗がん剤治療について、アンケートでは「7割近くの施設が、患者を他の診療科に転科させるなどして抗がん剤治療を行っていることが分かった」と書かれている。
「治療の幅が広がってきている」という。

その、
転科させなきゃ、抗がん剤治療ができない・・・ってのが私にとっては問題なんですけど(T_T)

私が行ったウチから通える地域のホスピスたちは、そこでの抗がん剤治療は行わないらしいし、一般の消化器内科の病棟などは併設していない。
抗がん剤治療がしたいと言ったら、もともと通っている病院に帰されるだけでは?

同じ病院内で転科し、一般病棟で緩和ケアを受けながら治療できるなら、いいかもしれない・・・・。

しかしそれでも、一般病棟と緩和ケア病棟では、保険制度上使える薬が違うみたいだし、何かしら問題はあるのではないか?
 ・
 ・
 ・
私の希望としては、緩和ケアをホスピスで受けているときも、したいときに平行して「保険適用で」抗がん剤治療もしてほしいのだけれど・・・・・

今の保険制度上では、無理なんですよね、それが。(  ̄д ̄;)

|

« 「サラリーマンNEO」を見て | トップページ | きのう、病室で・・・ »

コメント

yue少納言さん!どんぴしゃよ!ハグハグしたくなっちゃった!

やっぱり、「治療=希望」なんですよ、患者にとっては。

その夜景が見える病院、知っています。そこは一般外来でも同じことを言われるとですよ。

「転科させなきゃ」って、、、どーして転科せねばならぬのじゃ!こちとら病人なんだじぇ。転科せずに併用できるようにしてくれや。医師との信頼関係だって重要な要素だぞー。

「緩和ケアに光をあてる」ことからはじめるのと同時に、そこで発生している問題点についても、世に知らしめて欲しいですね。
って、あたしゃ、この前の癌患者大集会で、そーゆーことを議論して欲しかったよ。んで、それを決意書としてあげて欲しかったね。

投稿: きゃんべる。 | 2006年4月23日 (日) 23時48分

私もその記事読んでました。確かにその病院の緩和病棟はよくテレビなどでも取り上げらてますね。実際は、ベッドの半分は差額ベット料がとられるみたいで、やはりある程度余裕がなければつらいそうです。「お金持ちの人が入れる病院」という感じがしました。早く誰でも思い通りの治療が出来る制度が整ってほしいと思いますよね。今日は抗がん剤治療ですか?大変だと思いますが、頑張って下さいね。副作用が少ないように祈ってます。


投稿: ハム | 2006年4月24日 (月) 08時19分

うちの母は、一般病院に最後までお世話になりました。
担当医師と看護師長さんが母の性格から
緩和ケア病棟はかえって辛く感じるだろうし、
ここでも痛みをとったりできる限りのことはするからと
言ってくださいました。

都心にある緩和ケア病棟に家族として面接に行き
見学したのですが、とても静けさを感じました。
あの静けさが安らぎと感じられるのには
本人の覚悟も必要なのかなと思ったりしました。

私自身にとっては、癌研有明病院は希望の星でもあるんですけね。。。

投稿: ひろみっち | 2006年4月24日 (月) 11時22分

 >きゃんべる。さん
ハグハグ~(笑)!!
ホントに、記事で問題点の方ももう少し掘り下げて欲しかった!
この前のがん患者大集会では、緩和ケアの話までは、時間が足りなくてほとんどしていませんでしたよね。私も、緩和ケアの話題が一番興味あったので、残念でした。

緩和ケア病棟で抗がん剤治療。逆に、一般病棟で専門的緩和ケア。そういうのを融通をきかせてやってほしいんですけどねー。
一般病棟では使えないけど、緩和ケア病棟では使えるいい薬があったり・・・・。今は、はっきり言って不便!!

しかし、あのセレブ専門病院、一般外来でもそうなんだ~。そんなとこ行かないからいいけどね(-_-)

 >ハムさん
ありがとうございます。今週は、HAKIKEがかなり軽めで、今病院から帰ってきてすぐにパソコンに向かう元気があります。よかったー。
うちから一番近いホスピスは、全室個室なので、無差額でも個室に入れるのが長所なんですけど、最初はやはり、有料のところから先に空くみたいですね。一日1万数千円はかかりますから、けっこうな出費です(T_T)

 >ひろみっちさん
私も、近ければ癌研有明病院にはアタックしていたかも。
良さそうですもんね~。
でも遠くて、家族に負担をかけちゃうから、とりあえず候補から外しました。
私が外来を受けに行ったホスピスでは、どこからも「抗がん剤治療が終わったら、また来てください」と言われています。
「治療を終わらせる」のって、かなり覚悟がいりますよね・・・。

投稿: yue少納言 | 2006年4月24日 (月) 16時46分

私はずっと癌研ですが、もしものときには、このままここの緩和ケアの世話になりたいものです。
でも、その時点でベッドが空いていればの話でしょうね。
おまけにトホホな抑うつ症状もあるので、手術入院の時から差額ベッド代は覚悟の上です。
それは自己防衛のためでもあるので、がん保険を含めて、予め予算を組んであります。
なんか、準備万端で病気になった感じがして、ものすごくへんですが。

投稿: yann | 2006年4月24日 (月) 18時50分

「意味がない」って言葉はムカつきます。
これは、普段でも言われると、ムカッと来る事もあるので...
そんな病院はこっちからゴメンですー!!
でも、緩和ケア病棟が「お金持ちの病院」なら、
私には無理な話です。残念ながら....

投稿: がんこ | 2006年4月24日 (月) 18時51分

 >yannさん
かかりつけの病院が癌研なのですし、知っている先生のいる病院に緩和ケア病棟があるなら、そこに入った方が安心ですよね。
がん保険、入っていたんですね。エライ!!うらやましい!!
私は養老保険に入院特約をつけていただけです。ないよりマシですが。
 
 >がんこさん
いやー。その病院だけですよ、ウチが問い合わせた緩和ケア病棟・ホスピスでそんなこと言ったのは。
普通は、「早めに一度外来に来てくださるのは歓迎です」と言ってくれますし。
緩和ケア病棟やホスピスの差額ベッド代も、病院によってかなり差があります。大部屋だけしか無料ではない病院もありますし、個室でも無料の部屋があるところも。

投稿: yue少納言 | 2006年4月25日 (火) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/1513369

この記事へのトラックバック一覧です: 緩和ケアの記事を読んで:

« 「サラリーマンNEO」を見て | トップページ | きのう、病室で・・・ »