« セカンドオピニオン・翌日 | トップページ | 抗がん剤治療・2 »

2006年3月 4日 (土)

抗がん剤治療・1

週明けの12/12に、初めての抗がん剤治療。

点滴は、まず水分補給のためだと思うが、ソリタとかいうやつから始める(これを3時間かけて落とす)。しばらくしたらそれに平行して抗がん剤を入れていく。まずMTXを全開バリバリで入れ、ソリタが残り少なくなったころ、5FUを全開で入れる。

この治療日に二回、ダイアモックスという利尿作用のある飲み薬を飲むのだが、この錠剤があまりにもでっかい!ので、びっくりした。

こんなの飲み込めるか~  (-_-; )"~?

と、不安な表情をしたら、看護師さんが、細かくしてくれた。(苦い薬ではないので、今は自分の歯で噛み砕いて飲んでいる。)

このとき、点滴中はそれほど何も感じず、拍子抜けしたくらいだ。お昼ごはんも点滴しながら普通に食べられた。

しかし、夕方頃から頭がピリピリと痛みだし、胃がムカムカして、具合が悪くなってきた。

そんなときに、夫・ぱぱっちが面会に来たので、しゃべって気を紛らわしたほうが良いかと思い、食堂でおしゃべり。

その日、ぱぱっちは某病院の緩和ケア病棟を見に行ってきてくれたのだ。
そこのソーシャルワーカーさんと話したところ、私と同じ病気で同じ年代の女性が今入院していますから、会えたらいい話し相手になるのでは・・・ということだったそうだ。

そんなところでも友達ができる可能性があるんだ ( ̄▽ ̄) !

と思った。

それから、ぱぱっちは今日、子育ての研究をしている教授(仕事上コネがあった)に、まおたんのことを相談してきていたので、その話の内容も聞いた。

今後は、保育園に入れて、もし母親がいなくなっても変わらない環境・社会を作っておいたほうがよいだろう・・・と言われたそうだ。
私も、それはそのほうが確かにいいだろうな、と思った。
それと、まおたんの自己主張できるところなどは、とても褒めていただいたそうで、うれしかった。
私は、娘に、自分の考えを持ち、意見をはっきりいえる子に育って欲しいと願って、子育てに当たってきたからだ。

しかし、次第にダルさが増してきて、座っているのが辛くなってきたので、ベッドに戻った。

夕食は、ほとんど食べられなかった・・・(  ̄д ̄;)

吐くことはなかったが、食欲はまったくない。

翌日も、全然食欲がなく、「ごはん」の匂いをかぐと

あっ、だめだ・・・  ┳┳・・・ヽ(-_- )

いう感じ。つわりに似ている。なんとかフルーツなどだけ食べた。
でも、今日は頭痛がないだけ、きのうの夕方よりはかなりマシだ。

この日も、ぱぱっちは二つのホスピス・緩和ケア病棟を見学してきてくれた。一つはホテルのようにゴージャスで、ひとつは完全に「病院」という雰囲気だったそうだ。
そういうところも、いろんなタイプがあるらしい。

さらに翌日、3日目の水曜になった昼頃、やっと食欲が戻ってきた。
先生方にそう言ったら、

「じゃあ来週も同じ量で行きましょうか」

と言われた。
まあ、副作用としてはたいしたことないほうだったのだろう。

木曜の夜、肩の辺りを中心に右腕がしびれるように痛み、30分たっても治らず、眠れそうになかったので、ナースコールをして湿布を貼ってもらった。(湿布してしばらくしたら治った)

抗がん剤の副作用かなーと思ったが、そのことを翌日K先生に話したら、一応レントゲンを撮ってみよう、と言われた。
放射線科へ行って、5ポーズもレントゲンを撮ってもらったが、やはり骨折はしていなかった。
早朝に採血した分の検査結果も、とりあえず問題がなく、血小板もむしろ増えていたそうで、外泊許可をもらった。

また、週末は家に帰れた。ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

|

« セカンドオピニオン・翌日 | トップページ | 抗がん剤治療・2 »

コメント

こんばんは。辛そうですが大丈夫ですか。今が我慢のときですね。今乗り越えれば後はハッピーハッピーですよ。血小板が増えている事はいいことですよす。私はヘモクロビン4,5だったので輸血に頼りました。(死ぬかと思っちゃった)お家に帰れて良かったですねー。子供さん達の喜んでいる姿が目に浮かびます。そうそう、こないだ早速アクセスしてみました。とってもいい情報でした。有り難うございます。ちょっと早いけどおやすみなさいZZZ

投稿: さかな | 2006年3月 4日 (土) 20時47分

さかなさん、こんばんは。
抗がん剤治療は、もう3ヶ月くらい続けています。
いつも、点滴当日・翌日は副作用でツライので、一日の半分くらいベッドにいます。
ただ、副作用も毎回違って、めっちゃ気持ち悪い時と、ちょっと胃がムカムカする程度の時があるんですよね。

しかし、さかなさん、ヘモグロビンそんなに減ったことがあるんですか(驚)
うわー。そりゃ輸血しないと無理ですよね。
私は、7.3になっただけで(通常では14くらいあった)ふらつくし頭痛はするし、もう起きていられなくなっちゃいました。

投稿: yue少納言 | 2006年3月 4日 (土) 21時33分

「自分の考えを持ち、意見をはっきりいえる子に育って欲しい」
うんうん、私は子なしですが、これはすごく大事なことなんじゃないかと思います。

抗がん剤は実にシンドイですね。
私もさんざん吐きまくってたことを思い出します。

まったりじっくりゆっくりいきましょうね。

投稿: yann | 2006年3月 5日 (日) 00時17分

yannさん、ありがとうございます!

私自身は、かなり「モジモジちゃん」だったんですよ。
なので、娘にはしっかり発言できる子になって欲しいなと思ったんです。
そう思うと、子供の話をじっくり聞いてあげないといけないので、根気が要るんですけどね・・・。

抗がん剤は、効いてるからガマンしてますが、ほんとにしんどいです~。
でも、効いてる間は耐えます!!

投稿: yue少納言 | 2006年3月 5日 (日) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/913375

この記事へのトラックバック一覧です: 抗がん剤治療・1:

« セカンドオピニオン・翌日 | トップページ | 抗がん剤治療・2 »