« 治療一回休み | トップページ | ブログを始めた日→治療 »

2006年3月19日 (日)

がん患者大集会

行ってきましたよ!がん患者大集会!!

今日は、いつもの話は抜きで、思ったことなどを・・・。
ちゃんとメモを取っていたわけではないので、ニュアンス的に違うところもあるかもしれません・・・。そしたらごめんなさいヾ(^-^;)

癌研有明病院の武藤院長が、講演でお話されていた内容ですが。
NHKスペシャルなどでも紹介されていましたが、チーム医療など患者が望むシステムがしっかりしているんですよね。

「こういう病院にかかりたい・・・・(*゚ー゚*)」という気持ちになってしまいました。
実際は自宅から遠いですし、(院長も心配されていましたが)こういうところで紹介されると、病院の電話回線が間に合わないほど問い合わせ電話が殺到するそうですから、おそらく行くことはないでしょうけれど。

患者が「ここにかかりたい」と思う。
そういう病院が、あまりにも少ないのが問題なんですよね(-_-)

次にお話をなさった、患者会(支えあう会「α」)の代表をしていらっしゃる土橋さんのお話も、がん体験者の話として、とても迫力がありました。

第2部のパネルディスカッションも、なかなか面白かったです。

北海道がんセンターの西尾先生のお話のなかで、

がん治療に関する一般論はインターネットや本でも調べられるけれど、
結局、がん患者が知りたいのは「自分にとってはどんな治療がベストなのか」ということだ。

というようなことをおっしゃっていましたが、本当にそうだと思います。

私のこの状況、病状の場合、どうするのが一番いいのか?

ということが、患者なら誰でも知りたいですよね。それを相談できる相手・場所というのが、なかなかない。

壇上にあがっていらっしゃいませんでしたが、マイクを向けられてお話された癌研有明病院緩和ケア科の向山先生がおっしゃっていたことには、「その通り!」と感じることが多かったです。

たとえば・・
緩和ケアに関しての知識を、抗がん剤治療を担当する腫瘍内科医もきちんと身につけ、並行して適切な緩和ケアを行えるようにするべきではないか。

私も、そういう緩和ケアを望んでいます。

鳥越俊太郎さんもパネラーでいらっしゃいました。
鳥越さんが、「かかりつけ医と手術をしてくれた先生とで、抗がん剤をやるべきかどうかについて、言うことが違って困った」とおっしゃっていました。

同じ患者に対しても、何を専門にしている医師かによって、言うことは違ってきたりするようです。

その中で、どの先生のどの意見を自分が選ぶのがベストなのか?

患者は、こういう悩みも持っています。

やはり、こういうときに医師同士で意見を出し合い、治療方針をまとめてくれる「チーム医療」は、とても良いと思います。
患者が、いくつもの病院やいくつもの診療科で受診することは大変です。そうしなくても、何人もの医師の意見をつきあわせ、どれがベストか検討してもらえる。

いいですよね~o( ̄▽ ̄o)

がん医療には、色々な問題点があります。

政策・制度上の問題から改善しなければいけないことも多いと思います。
こういうふうに患者の意見を取り上げての大会というのは、有意義だと思いました。

。。。。。。。。。。。。。。

今日は、疲れましたし、明日はまた治療日なので、更新できないと思います。

また、火曜日には更新しますのでヨロシクです (⌒∇⌒)ノ""

|

« 治療一回休み | トップページ | ブログを始めた日→治療 »

コメント

こんにちは。おーじろうです。
がん患者大集会、よいお話がたくさん聞けたみたいですねぇ。
癌友さんとの出会いもあったのかしら( ^ ^ )/ 
でも、長丁場だから疲れたでしょう。
今日は抗がん剤治療もあるし。
コメントの返事は気にしないでね。ゆっくり休んでね。

投稿: おーじろう | 2006年3月20日 (月) 11時24分

はじめまして!
ネットサーフィンやってたら、こちらにたどりつきました。
私は、40代の乳がん患者です。実は私も、多発骨転移をかかえた患者なんですよね。トホホホ......。
集会参加、お疲れ様でした。私は、地方都市在住なので、こういったイベントに参加できる機会がほとんどないので、うらやましいです!
ブログ、これからゆっくり拝見させていただきます。
治療、お互いにがんばりましょ~ね!

またお邪魔しますね。よろしくおねがいします!

投稿: メロンパンだ | 2006年3月20日 (月) 11時43分

向山先生、私の二つ前に座ってました。

私も病気をするまで、癌を中心とした医療制度の矛盾については、まったく無関心でした。病気をして「えええ?何でやねん?」ってことが多くて。その反省の意味を込めて、こうした活動には少なからず参加していきたいと思いますね。

集会の感想。私もUPします。TBしますね。
今日はゆっくり体を休めてください。

投稿: きゃんべる | 2006年3月20日 (月) 12時04分

この大会い参加したかったのですが。なんせ田舎なもんで。残念。患者の気持ちを考える病院が沢山あるといいですよね。長い時間、お疲れさまでして。ためになりましたよ。ゆっくりお休みになって下さいね(へへ)

投稿: さかな | 2006年3月20日 (月) 20時47分

 >おーじろうさん
大集会、行ってよかったです。ボランティアさんがたくさんいらして、色々な仕事をしてくださっていました。
NHKホールがいっぱいになる大盛況で、癌友さん発見には至りませんでした(-_-;;残念。

 >メロンパンださん
はじめまして!骨転移、いやですよね~。骨だと、手術でとっちゃうわけにもいかないしさ・・・。
お互いがんばりましょう。またお越しくださいませ~。

 >きゃんべるさん
もしかして、わたしのちょっと前に座っていたあの方がきゃんべるさんかしら?白系のスポーツウェアっぽいのを着てました?

 >さかなさん
患者の望む治療をしてくれる病院が、少なすぎるので、そういうところに患者が殺到してしまうのですよね。
ワタクシ、今日は副作用でダルダルです・・・。

投稿: yue少納言 | 2006年3月21日 (火) 10時50分

手術・化学療法からずっと癌研ですが、いろんな先生がいますから、結局は主治医によって患者の治療に対するモチベーションもずいぶん変わるんじゃないかなと思ってます。
私の場合は途中で主治医がチェンジ。前の主治医の方がよかったな、なんて今さら言ってもしょーがないな。
今のところは何も異常はなくて経過観察だけだから、あんまり真剣に考えてない。
というより、私には最初から真剣さが足りないんじゃないかと・・・。

投稿: yann | 2006年3月22日 (水) 01時49分

 >yannさん
そうですよね。大きい病院だと、いろんな先生がいますよね。
私の通っている病院でも、患者への配慮が足りなかったり、嫌な感じの先生はいます。
でも、主治医がいい先生たちなので、いまのところ満足しています。大学病院だから、異動もあるかと思いますが・・・。

でも、癌研まで通えるのはちょっとうらやましいです。
都心のほうだと、病院の選択肢も多くて、いいですよね。

投稿: yue少納言 | 2006年3月22日 (水) 09時31分

はじめまして!
私も「大集会」へ参加しました。
私は乳がん患者です。

一人ひとりが声を上げていくことの大切さを、改めて感じた一日でした☆

また来ますね~~!!

投稿: pumita | 2006年3月29日 (水) 11時05分

 >pumitaさん
ようこそ、いらっしゃいませ~!
ああいう、がん患者の声をきいてもらえる会は、意味深いですよね。
ブログ、少し拝見しました。たくさんの癌友がいるようで、うらやましいです。また落ち着いて読ませていただきますね♪
ぜひまたお越しくださいませ(^^)

投稿: yue少納言 | 2006年3月29日 (水) 11時32分

Happasampoさんのところより参りました。時期を逸したTBですいません。「第2回がん患者大集会」のまとめの記事を、その他6本(完結してません)アップしています。よろしければご覧下されば幸いです。

投稿: try2live4u | 2006年4月 5日 (水) 04時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/1095524

この記事へのトラックバック一覧です: がん患者大集会:

» がん患者大集会へ [37歳★New癌★Survivor]
がん患者大集会(第2回)へ行って来ました。うーん、やっぱりベタな名前だな。。。 [続きを読む]

受信: 2006年3月20日 (月) 15時31分

» がん患者大集会(その5) [R.F.L.資料集 by がん患者支援プロジェクト]
そのほか、参加された方のブログ記事を検索により(勝手に)リンクします: 会場アンケートの集計は、まだまだ時間がかかると思いますが、 ブログ記事は、ネット上の自由記述アンケートといえるかもしれません。 きゃんべるさんの「37歳★New癌★Survivor  俺たちに明日はない!My cancer life」より   「がん患者大集会へ」 こーじ@渋谷さんの「渋谷から愛を込めて・・誰にだ!」より   3月19日の日記 1 2 看護師のふみさんのレポートも詳細:   ☆行って... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 01時59分

» 考:「第2回がん患者大集会」(1) [抗がん剤ヘルプデスク]
 昨日は、まずは「第2回がん患者大集会」全体の感想を記事にしました。これから何回かに分けて、この大集会のプログラムを紹介し、簡単にそれぞれのプログラムの感想を述べたいと思います。 <第一部> ・主催者挨拶(第2回がん患者大集会実行委員長:内田絵子氏)  昨年の「第1回がん患者大集会」では、フロアーから東京多摩地区におけるがん医療の遅れ(都市部においての地域間格差)を訴えられたブーゲンビリア代表の内田さんの開会の挨拶でした。 ・基調講演 I(癌研有明病院院長:武藤徹一郎氏)  これは... [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 04時58分

« 治療一回休み | トップページ | ブログを始めた日→治療 »