トップページ | 病気判明時のはなし・2 »

2006年2月22日 (水)

病気判明時のはなし・1

ブログを始めてみます。初心者ですが、よろしくです。

病気判明時のはなしを、少しずつ書いていきまーす。

。。。。。。

去年の9月中頃から、空腹時の胃の痛みと食欲不振を感じ始めた。たいした痛みじゃなかったし、市販の胃薬を飲めば治ると思っていた。しかし11月に入っても治らない(-_-)近所で「胃腸科」を標榜してるHクリニックへ行ってみることに。

先生いわく「胃潰瘍ができてるのかもね。とりあえず胃薬を2週間飲んでみて。治んなかったら、その時は胃カメラでもバリウムでもヤル気がでるでしょ」とのこと(!)

でも、治らなかった。ていうか、一週間後の日曜日の朝、なんと下血してしまった!自分は痛くも痒くもなかったのだけど。

明日またHクリニックへ行けばいいよね?でも、もしかしてこれってヤバい??と、ふと不安になったワタクシ。一応医者やってる弟に電話。

そしたら「すぐ救急病院にいってください」だってさ・・・。しかも「胃カメラで診るだろうから何も食べないで」だってさ・・・。なんでも、胃や十二指腸から出血をしている場合、容態が急変する可能性もあるという(!!!)

うわーん。やっぱヤバかったのだ~。

まず消防庁の救急テレフォンサービスに電話した。いくつか救急病院の電話番号を教えてくれた。次々に電話してみるケナゲな私に対し、皆「今日は心臓の先生しかいませんから」とか、「救急車で来た重症患者さんの対応をしているのでムリです」とか、「日曜なので、来てもらっても検査できません」とか・・・(T_T)

そのうちの一つの病院の人が「駅前のTクリニックなら、胃カメラもあるし日曜も診察しているはず。そこへ行かれては?」というので、電話予約を入れ、そこへ向かった。

そこの先生は、症状を聞いて首をひねりながら、「うーん。胃カメラやります?でも今日はできないから、予約入れてって」という。で、予約カウンターへ。そこで、まず感染症を調べるため血を採られ、「混んでいるので、12月○日になります」と、

なんと2週間以上先の日時を指定された。

ハァ?ナメとんのか??( ̄ロ ̄lll) 

と思ったが、ちゃんとした診察や検査をしてもらえそうな気配がないので、もうこんなとこ来ない!と胸に誓いつつ、一度帰宅。その後も、空腹でいらだつ気持ちをなだめながら、あちこちの病院に電話したのだった。

も~~すっかりうんざりしていた午後3時半ごろ、やっと「いいですよ。診ますから、いらしてくださいといってくれる病院が見つかった!電話に出てくれたのは、その後お世話になる、研修医のE先生だったのだが、

もうそれは、☆神の声☆のように聞こえた・・・。

ちょっと遠いが、夫に車を出してもらい、その某大学病院へ。症状などを改めてE先生に話し、まず採血して血液検査に出し、ベッドでしばし待つ。

その後私の主治医になるK先生がやってきて、ヘモグロビンが10.6しかなく出血している可能性が高いので、もう今、胃カメラやっちゃいましょう(!)ということに。

その日(11/20)は、たまたま消化器内科の先生が当直だったらしい。“イマドキの若者”って風情のE先生がさわやかな笑顔で、「よかったですね。K先生は胃カメラ上手ですからね!」と言ってくれた言葉で、私の「内視鏡検査の下手な先生だったらどうしよう・・・」という不安が払拭された。 (*゚▽゚ノノ゙☆ブラボー!!

胃カメラは、最初少しむせたけれど、思ったほどツラくなかった。胃の中は、出血の跡らしいものが見えたものの、血液はたまっていなかった。胃壁も、炎症を起こしているかなー程度の感じだった。とりあえずそのまま細胞を採取し、薬をもらって次の外来予約をしていったん家に帰った私たち。

夕食の準備をし、やっとごはんにありつける・・・

と思ったところで、電話が鳴った。さっきのK先生が、

「胃カメラの写真を改めて見たら、気になるところがありました。今後なにも食べないで、また明日の朝、胃カメラで診させてください

というではないかΣ( ̄ロ ̄lll) !!

うれしくない話だが、食事はガマン。。。また翌日、朝から病院へ向かったのだった。

|

トップページ | 病気判明時のはなし・2 »

コメント

ebeですー。

早速遊びに来ました!
自分のブログは………設置しただけで全然書いていないので、トラックバックしたいところですがコメントで…(^^;(弱っ)

弱いついでに弱い話…。
バレンタインの前日にお菓子を作ろうと思ったら、ベーキングパウダーだけが足りなくて作れず…。
次の日に、なんとあげる相手(旦那)に買ってきてもらったという…負けっぷり…。
無事2日後にようやくお菓子は出来上がり…ふぅ。

最近映画とかご覧になっていますか?
私は全然機会に恵まれず…(T_T)
仕事関係の人には「男たちのYAMATO」を観ろ!と言われていますが、女性が観ても感動するのかしら!?(二の足(ー_ー))

最近久々に友人のお芝居を観に行く事が出来、一瞬芸術的な雰囲気に浸れて、涙。

久々と言えば、今、16~7年前にフジテレビ深夜にやっていた「IQ engine」という番組を録画したものを(ちょっとずつ)見る事にハマってます。(^^ゞ
当時大人気だった鴻上尚史の第三舞台の役者さんが沢山出ていて、たまらん!

というのも…先週から始まった新戦隊『轟轟戦隊ボウケンジャー』に、その第三舞台の大高さんが出ているから!なのです。

是非一度ボウケンジャーもご覧あれ!

では今日はこの辺で。
(下らない話ばかりですんません(_ _;)

投稿: ebe | 2006年2月23日 (木) 02時45分

yue少納言さま、こんにちは。おーじろうだよ。
病院探し、ホント大変だったんだねぇ~。
結果的にいい病院が見つかってよかったけれど、
2日間もご飯食べられなかったのね……。
私なんて、明日人間ドックで(初!)、
今夜8時以降何も食べちゃいけないっていうだけで、
お腹すくだろうなぁって考えちゃって(^^;;

投稿: おーじろう | 2006年2月23日 (木) 09時48分

 >ebeさん

初コメントありがとう!
手作りお菓子をプレゼントなんて、泣かせるじゃん~?えらいえらい。ウチはバレンタインも最近はなにもしないです。夫が甘いもの嫌いなんでね・・・。
子供が生まれてからは、映画館で映画なんて観られない毎日。家でDVD見るのすら大変でした。演劇なんて、チケット取らないと行けないよね?ムリムリ!!って感じ。
でも、子供が保育園に今月入ってくれたので、行ってる間に映画館に行くことも可能かも。今度、行ってみようかしら。
ボウケンジャーも今度見てみようっと。

 >おーじろうさん

いらっしゃいませ!人間ドッグ、つらい検査もあるかもしれないけど、病気には早く気がついたほうが総合的には絶対いいはず!と思ってがんばってくださ~い!!
p|  ̄∀ ̄ |q ファイトッ!!

投稿: yue少納言 | 2006年2月23日 (木) 10時35分

yue少納言さん、はじめまして(*^_^*)
いつも「がんばれお姫!!」に書き込みさせていただいている、りんりんと申しますm(__)m たまたまおとさんの所からこちらを覗かせていただきました。
私も元がん患者(子宮がん)です。まだ術後二年弱なので、元、とつけるのは早いのかもしれないんですが、自分では完治したと思い込んでいます(^_^;)。
幸いに初期癌だったようで、目に見える悪い部分は取りきれたようで抗がん剤などの治療はしていません。
すごく前向きに明るいyue少納言さん、応援しています。また時々遊びに来ていいですか?よろしくお願い致しますm(__)m

投稿: りんりん | 2006年2月24日 (金) 17時55分

りんりんさん、いらっしゃいませ!
りんりんさんのHPも、ちょっと拝見しましたよ~。
病気が早く見つかって、本当によかったですね!!
お子さんも色々大変だったみたいで・・・
私は、子供が病気になったら、きっと取り乱してしまうと思います。
色々な経験をしている方に、コメントをいただけるのは、とってもうれしいので、ぜひまたいらして下さいね♪
よろしくお願いします!

投稿: yue少納言 | 2006年2月24日 (金) 21時27分

yue少納言さん、はじめまして。
コメントするのは初めてですが、時々おじゃまさせていただいているyannと申します。
yue少納言さんとは部位が違いますが、同じような病気で2年前に手術をし、現在はうっとうしい後遺症とのお付き合いをしています。
いつも毅然としているyue少納言さんの姿勢には、こちらも勇気付けられます。
これからも来ますのでよろしくお願いします。
よろしければ私の方へもお越しくださいね。

投稿: yann | 2006年3月 1日 (水) 11時13分

yannさん、はじめまして!
毅然としているなんてそんな~(照)
なるべく暗い気持ちになりたくないだけです(笑)
yannさんのブログも、拝見させていただきますねっ!
先輩患者のみなさんの、治療への向き合い方を読ませていただくと、とっても参考になりますので~。
ぜひまたお越しくださいませ(^^)

投稿: yue少納言 | 2006年3月 1日 (水) 11時37分

yue少納言さま.
はじめの頃からずっと拝見し、、、毎日応援しております。
こちらのコメント欄以外で、メールを送れませんでしょうか。。。。
(もし、よかったらですが、、、。)

投稿: ち | 2006年3月17日 (金) 13時59分

 >ち さん
いらっしゃいませ!応援ありがとうございます~(^^)/

日常生活を赤裸々にブログに書いていますので、個人情報はここには直接載せていないんですよ。

がんだと言うと、さまざまな「がんに効く」という高額な商品を勧められることも多いんです。みなさんは心から信じていて好意で勧めてくださっているので、断りにくいんですよね・・・。あと宗教も興味ないし・・・。(ウチの親や義父母の知り合いから、やはりそういう勧めがあり、すでにいくつか断ったのですが)

そういうこともあるので、相手がどなたかに関わらず、メルアドはなるべくお教えしない方針にしようと思っているのです。
感じ悪い~と思われてしまうかもしれませんけれど・・・。
ごめんなさい。

コメントは大歓迎ですので、これに懲りずよろしくお願いいたします!!

投稿: yue少納言 | 2006年3月17日 (金) 19時29分

こんにちは。
こちらこそ大変失礼なことをお尋ねしてしまいご迷惑をかけてしまいました。
私も癌患者で、お父さまのことや弟さまのことなど境遇が大変似通っておりましたので、
つい先走ってしまいました。
(少し体調を崩してしまいお詫びが遅くなりました。本当にごめんなさい。)
・・・・・伝えたかったことを少しだけ・・・・・
あなたの明るさは素晴らしいです。そしてとても冷静でおられます。
きっと多くの人々の希望になっていることでしょう。
私も励まされている一人です。
これからも毎日、応援させて下さい。

投稿: ち | 2006年3月27日 (月) 00時40分

 >ち さん
いえいえ、お詫びなんてとんでもないですよ~!

ち さんのお父様も、やはりがんで亡くなられたのかな。
遺伝かどうかわからないけど、癌家系って、イヤですね~(^^;;

それから、お褒めいただいてありがとうございます♪
私は冷静といえば冷静なほうかもしれないですけど、やっぱり、不安になったり恐怖心がでてきたりすることもありますよ。
でも、ブログを始めて、先輩患者さんなどに励ましていただけたりするようになって、より明るい気持ちになれています。

ち さんも、がん患者さんとのこと。
お互いツライ立場ですが、せっかく生きていられる時間、楽しく過ごしましょうね☆


投稿: yue少納言 | 2006年3月27日 (月) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/793422

この記事へのトラックバック一覧です: 病気判明時のはなし・1:

トップページ | 病気判明時のはなし・2 »