« 病気判明時のはなし・5 | トップページ | 病気判明時のはなし・7 »

2006年2月27日 (月)

病気判明時のはなし・6

今日は、抗がん剤治療日です。
先週、風邪で治療を休んだため、とっても体調が良かったのに(?)・・・
でも、せっかく効いている治療だから、がんばって行ってきま~す(。・ω・)ノ゙

。。。。。。。。

夕方5時半ごろ、とうとう研修医のE先生が呼びに来た(!!)
いつも明るいE先生だが、前を歩く背中から硬い雰囲気が漂っている・・・。夫・ぱぱっちと二人で、緊張で震えながら、あの「カンファレンス室」へ向かった。

イヤ~~な予感・・・ (´Д`|||)

カンファレンス室のボードには、骨シンチとCTの画像がたくさん貼ってあった。
また、先生方3人と看護師さん一人が入り、説明が始まる。

骨シンチと血液検査の結果から、

がんが骨に転移している

という。
骨シンチの画像で、肋骨や頭蓋骨あたりに黒く写っているところがあり、そこが転移しているところだそうだ。
全身のあっちこっちに、黒いところがある・・・ ( ▽|||)

そして、

「できれば手術をしたいと思っていたのですが・・・・・

 こうなっていると、もう手術はできません

と言われた。

あとは、抗がん剤を用いた、延命治療くらいしか、やりようがないという。

しかしそれも、必ずしも延命効果があるわけではなく(効くかどうか、やってみないとわからない)、副作用もあるということだった。

そして、
この病院では、(保険がきく)普通に使われている抗がん剤を使った治療しかできない。
がん専門病院に行けば、未承認薬などでいいものを使えるかもしれない。
まずは、そういう専門病院にセカンドオピニオンを求めに行ってもいいと思う。
今後の治療を、どうするか考えておいてください。

・・・というようなことを言われた。

TVドラマを見ているみたいだ☆<( ̄□ ̄;)>☆

まさかこんなことが、自分の身に起こるとは。

あまりのことに、またもや質問もほとんどできないまま、先生方が退室。夫も、私の弟に電話するため、部屋を出ていった。私は、残った看護師さんと話す。

「こういうとき、ほかの患者さんは、普通どういう選択をされるんですか?」

とたずねると、
がん専門病院に転院する人もいれば、無理せず家でなるべく過ごしたいという人もいる。何も食べられないのだけは、せめて治してほしいと言って、胃の治療を受けた人もいたという。
その若い看護師さんは、目に涙をためていた。

私は、どうしたいのだろう?どうしたらよいのだろう?

それを考えるため、先生方の勧めもあって、2泊3日の外泊許可をもらった。
車で、途中買い物もしながら帰る途中、ぱぱっちが、

「泣いたって、怒ったっていいんだよ」

と言ってくれた。
なんだか、とってもうれしくて、涙が出てきた (ノд・。)
私は本当に、いい人と結婚した。
たとえ短くなったとしても、いい人生を送ってこれた。感謝すべきことだ。

私には、まだ残された時間がある。

これから自分の体がどうなっていくのか、それに娘のことなど不安も色々あるけれど、残りの時間をいかに後悔なく過ごせるか、良く考えよう。
私には、一緒に考え、支えてくれる家族がいるんだから・・・

私は外泊中、このように少しずつ気持ちを整理していったのだった。

(ここで脳内BGM→SMAP「世界に一つだけの花」)

|

« 病気判明時のはなし・5 | トップページ | 病気判明時のはなし・7 »

コメント

ありきたりですが、治療がんばってください
かげながらですが応援しています!!

投稿: りん | 2006年2月27日 (月) 10時52分

またまた来ちゃいました(*^_^*)
ブログのブックマークに貼らせていただいていいですか?

現在、抗がん剤治療中なんですね。
辛い時はゆっくり休んで下さいね。
でも、母はあまりのんびりも
していられない、かな?
うちは私が横になってると
息子が必ず上に乗っかってきます(T_T)

投稿: りんりん | 2006年2月27日 (月) 18時39分

少納言さんえらい。自分の気持ちをきちんと持っていますね。絶対大丈夫だと心と癌こちゃんに言い聞かせて明日も笑って突き進みましょう。早速リンクしちゃいました。これからも宜しくお願いします。

投稿: さかな | 2006年2月27日 (月) 19時54分

 >りんさん
はじめまして!どうもありがとうございます~(^^)
今も、副作用で胃がむかむかしていますし、頭も痛いのですが、なんとかがんばりま~す(空元気)!!
ぜひまたいらしてくださいね。

 >りんりんさん
ブックマーク、大歓迎ですよー♪私もリンク貼らせてください。
そうなんですよね。子供は容赦ないです。ベッドの横におままごとセットを持ってきて「ママは、子供になって!まおたんはお母さん!」とか、強制的にままごとを開始したりします・・・かわいいけど、疲れますよねぇ(^^;;

 >さかなさん
こんばんは!さかなさんのほうが先輩ですもん、こちらこそよろしくおねがいしますです。私もリンクさせてくださいませ。
そうですよね。せっかく元気でいられる時間は、明るく楽しい気持ちで免疫力アップしてがんばりましょうね~~~!!

投稿: yue少納言 | 2006年2月27日 (月) 20時15分

がってんだ(^^)もりもり(☆☆)

投稿: さかな | 2006年2月27日 (月) 22時07分

少納言さんはじめまして。昨日このブログを発見しました。
我が家は主人がガンと向き合っております。去年全摘していますが、ステージは進んでおり、予後が悪いとされている印鑑細胞がんという種類でした。最近転移の可能性が出てきて毎日不安ですが、少納言さんの悪い気をおっぱらうべく明るく楽しく過ごす大切さを感じました。
3人の子育て(0.3.7歳)に追われてブログはありませんが、時々お邪魔させてくださいね♪


投稿: ムギコ | 2006年2月28日 (火) 10時19分

ムギコさん、はじめまして!
ご主人が、がんですか・・・それはとても心配ですよね。
ウチも、夫のほうが私以上に、色々考えて眠れなかったりしたようです(^^;;
3人のお子さんもいらっしゃると、入院した時に面会に行くだけでも大変でしょうね。

でも、まだ転移したと決まったわけではないんですよね?
だったら、なるべく考えないことにして、楽しく過ごしたほうがオトクかも・・・と思いますよ(^^)
ぜひまたいらしてくださいませ~♪

投稿: yue少納言 | 2006年2月28日 (火) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/850553

この記事へのトラックバック一覧です: 病気判明時のはなし・6:

« 病気判明時のはなし・5 | トップページ | 病気判明時のはなし・7 »