« 病気判明時のはなし・6 | トップページ | セカンドオピニオン・前夜 »

2006年2月28日 (火)

病気判明時のはなし・7

きのうの抗がん剤治療のあとは、ほんっとに

「きもわる~~ ( _△_ ;)モ・モウダメ・・・」

という感じで、ほとんどダウンしておりました。毎週、副作用って出方が違うんですよねぇ。
それだけを楽しみに病院にいったのに、今月ローテーションしてきたイケメン研修医さんにもあえず・・・。がっかり (ー。ー)・・・。

。。。。。。。。。。

入院以来初めての外泊で、家に戻ってきた。その夜は、夫婦で色々話し合った。

なるべく家族と笑顔で過ごしたい! 動けるうちは、家にいたい!

でも、痛いのもイヤだ。痛かったり苦しかったりするような時期には、緩和ケアを受けられるところに入院したい。・・・と、私の考えの方向性が見えてきた。

義父母に預けていた娘・まおたんを、夫・ぱぱっちが翌日夕方連れて帰ってきてくれた。

「ママ、あいたかったよ。はやくよくなってね。

ママだ~いすきo(*^▽^*)o」

と、抱きついてくる娘に、涙をこらえられなかった。ごめん、ママの病気はよくならないんだって・・・・。

「ママもまおたんがだいすきだよ」

と答えるのが精一杯だった。本当につらかった。

私は、まおたんがどんな大人に育っていくのか、この目でしっかり見たかった。
どんな小学生になり、中学生になり、高校生になり、どんな道を選んでいくのか。
そんなときに、アドバイスもしてやりたかった。
結婚するときだって、子供を産むときだって、母親として力になってあげたかった。

私は、あとどれだけ、見届けられるのだろう?

翌日(12/2)の夕方、外泊許可がそこまでだったので、一応また入院セットを持って病院へ。事前に、主治医の先生方とお話させてもらいたいと、お願いしておいた。

先生方がいらっしゃり、いつもの「カンファレンス室」へ。

前回、ここで治療するとしたら、具体的にはどんな治療になるのかを聞いていなかったので、聞いてみた。
私は、なるべく家族と一緒に過ごしたい、と伝えたこともあり、「外来で、抗がん剤の内服薬を飲み、時々点滴する・・・という方法があります」とのことだった。
数年前から、副作用の少ない内服の抗がん剤(TS-1)が使えるようになったという。

そして、私のがんの種類について、たずねてみたら、「スキルス胃がん」だと言われた。

何年か前、毎週見ていた、SMAPの剛くんの主演ドラマ「僕の生きる道」と同じだ・・・。
増殖や転移のスピードの速い、がんとしてもタチの悪いほうのものじゃなかったかな・・・。

先生は、定期的に胃カメラかバリウムでの検査をしていないかぎり、スキルス胃がんの早期発見は難しいですね、とおっしゃっていた。(スキルスだと、胃壁が厚くなるかたちで大きくなるので、胃カメラで一度だけ見てもわからないことも多いようだ)
あとでネットで調べてみたが、手術できても、多くは再発するらしい。

イヤな病気になっちゃったなー (*´ο`*)=3

治療をどうするか、早く決めなければ、またがんがどんどん増えてしまう・・・

お願いしたら、先生方が、セカンドオピニオン用の紹介状と資料をチョ~急いで用意してくださったので、外泊許可をのばしてもらって、それを持ち帰り、今度がん専門病院のGセンターへ行ってみることにした。

|

« 病気判明時のはなし・6 | トップページ | セカンドオピニオン・前夜 »

コメント

こんにちは。おーじろうです。
ブログを読んでると、
yue少納言さまの気持ちの揺れが、
笑いや涙と共に、しっかり伝わってくるよ。
癌友さんも着実に増えてるみたいで、よかったネ!

抗がん剤治療、お疲れ様。
イケメン先生にまたまた会えず、残念だったねぇ。
気持ち悪いの、治ってきた~?
気持ち悪い分、効いてくれなきゃネ!!

投稿: おーじろう | 2006年2月28日 (火) 14時29分

おーじろうさん、こんにちは♪
このブログを始めてから、他のがん患者さんやご家族の方からもコメントをいただけるようになり、ほんとに心強く、うれしいです。

イケメン先生には、まだ一回しか会えていないのです。来週は、来てくれるかなぁ?いや、ただ点滴の針を刺してもらうだけなんだけどさ(^^;;・・・。ささやかな楽しみなのにぃ。
気持ち悪いのは、かなりよくなったよ。まだ少々ムカムカしてるけども。今度は少々息切れ気味です(おいおい)
まあ、明日くらいになれば、きっと元気!

投稿: yue少納言 | 2006年2月28日 (火) 15時17分

はじめまして!!がんこと申します。
きゃんべるさんの所から、勝手に来ちゃいました(*゚▽゚)/ウイッス!
私は卵巣がん、子宮がん経験者で~す。

「私は、まおたんがどんな大人に育っていくのか、この目でしっかり見 たかった。どんな小学生になり、中学生になり、高校生になり、どん な道を選んでいくのか。そんなときに、アドバイスもしてやりたかっ た。結婚するときだって、子供を産むときだって、母親として力にな ってあげたかった」
ごめんなさい。泣いちゃいました....
yue少納言さんは、明るく病気と向き合ってるのに、ホントごめんなさい!

私もセカンドオピニオン、サードオピニオンまで経験しました。
自分の体です。自分が納得いかなきゃ、病気と闘えないもんね!
ホント、イケメンの医者でも見つけなきゃ、やってられません(* ̄m ̄)プッ
前向きに病気と向かい合う人って、かっこいいと思います。私も見習わなければ....
これからも、お邪魔させてもらっていいですか?
ダメって言っても来ちゃうもんね~!!

投稿: がんこ | 2006年2月28日 (火) 18時00分

まおたん、3歳なんですね(*^_^*)
うちの息子も3歳なんです。だから余計に3歳児のかわいさが伝わってきます♪本当に素直でストレートなこの時期に「ママ大好き♪♪」なんて言われたらもうシアワセな気持ちでいっぱいになっちゃいますよね。yue少納言さんの気持ちを思っただけで、胸が張り裂けそうになっちゃいますよ(泣) 癌との共存は免疫力UPが大切と言いますから、楽しいこといっぱいして、美味しいものいっぱい食べて、沢山笑って免疫力UPさせて下さいね(*^^)v 
イケメンDr.もまたGoodです(^_-)-☆

投稿: りんりん | 2006年2月28日 (火) 18時35分

 >がんこさん
いらっしゃいませ!
もちろん何回でもいらしてくださいな~♪大歓迎です!
いやー。今日書いた話は、楽しく書こうにも、あまり楽しく書けませんでしたぁ(無念)
でも、今は楽しく生活していますよ(^^)
私は、オリンピックの男子フィギュアでもカッコいい人を探しては、見とれておりました。
イケメン研修医さんは、3月末までだと思うんですよね。また会えるといいなー。

 >りんりんさん
こんばんは!そうなんです。まおたんは3歳です。
ウチの子は素直って言うかなぁ?・・・2~3歳だと一般的に反抗期ですよね。もう例に漏れず「イヤ」「ダメ」ばっかりで、言うことをなかなか聞いてくれません(-_-)
今も、手を洗わないと言って泣いてます。でも「だいすき」とか唐突に言うのが、たしかにカワイイですね(*^^*)

投稿: yue少納言 | 2006年2月28日 (火) 19時28分

こんばんは。少納言さん涙涙涙で私はなにも語る事が出来ません。でも絶対良くなりますよ。家族のために。たしかにスキルス胃癌は癌の中でも転移がはやいそうです。でも癌細胞は増殖は早いのですが表面が薄っぺらだそうです。セカンドビニオンも大事ですね。よけいなことかもしれませんが新潟大学院医学部教授の安保徹先生か日本自律神経免疫治療研究会理事長の福田稔先生を訪ねてみてはどうでしょうか?三大療法も免疫代替療法も紙一重だと思います。癌が見つかってから3~4ヶ月くらいは考える時間があると本に書いてありましたよ。そうそう癌こちゃんとお話するのも大事ですよ。同じスキルス胃癌友から一言。絶対大丈夫です。うえーん(//)snd04144@nifty.com

投稿: さかな | 2006年2月28日 (火) 20時03分

良くなることはなくても、現状維持ができれば治ったことになるのでは?
私も腫瘍サイズが2cmを超えていて、後から聞くと、その大きさになるまでには20年ぐらいかかるらしいんですよ(NEW癌は進行が遅い)。
ってことは、今まで20年一緒に暮らしてきたんだから、この先20年もいけるんじゃないか?って。

投稿: きゃんべる | 2006年2月28日 (火) 22時12分

同じ母親として、本当に頭がさがる思いです。
小納言さんのお子さんを思う気持ち、ひしひしと伝わってきます。

免疫力アップで頑張ってください。
母親の力には想像を超えるものがあるはずです。
いつもいつも応援しています。

投稿: どらまま | 2006年2月28日 (火) 22時28分

 >さかなさん
励ましありがとうございます!そうですね。そんなに慌てなくても、色々な情報を集めて対処することができるんですよね。
お互い、賢い患者になって、長生きしましょうねっv(^^)v

 >きゃんべるさん
うんうん。現状維持。今、私もその方向を目指しております!だって、今は元気にしているんですもんね(抗がん剤投与日以外は)。
このままなら、問題なく生活できるのですもんね~。
がんとの共生・共存を目指していくのも、一つの手ですよね♪

 >どらままさん
応援ありがとうございます。
いやー。ほんとに、子供のこと考えるとどうしても泣けちゃうときがあるんですが、でも子供がいるからがんばれる・・・ってところも、すごくあります。
ハハオヤパワーでがんばりま~す!!

投稿: yue少納言 | 2006年3月 1日 (水) 08時46分

はじめまして。身内の病気を機会にいろんな方のブログを拝見するようになり、こちらにやってきました。一言だけ言わせていただきたいのですが、自分自身、医療従事者ですが、わたしは「自律神経免疫治療」の効果にはかなり否定的です。新潟大 安保氏は基礎的な研究はともかくとして、実際の臨床効果に関する論文はとても少なく、内容的にも不十分なものだとおもいます。がん患者はみなさんよい治療を求めていますが、それは医療従事者も同じで、本当にいい治療があればすぐに広まるでしょう。広く認められていない「治療法」には認められないだけの理由があるケースが大半だとおもいます。色々な意見は意見としてお聞きになった上で、効果が証明されていないサプリメント、代替治療などを取り入れようとされるときには十分なご検討をされるよう、お勧めいたしたいです。

投稿: とかちん | 2006年3月 1日 (水) 10時46分

とかちんさん、はじめまして!アドバイスありがとうございます(^^)
私も色々調べていますが、やはり色々な治療法などがありますから、玉石混交ですよね。
今のところ私は、腫瘍マーカーなどのデータ上、幸い今やっている抗がん剤が効いていますので、多少副作用はありますが(-_-)抗がん剤治療を、効いている限りは続けていくつもりです。
でも、代替療法が効く人も、いるようなんですよね。やってみなきゃわからないのが、困るんですけどね~。
私としては、保険の利かない治療は、避けたいですね。今後の家族の生活もありますから。自分だけでお金を使いきっちゃうわけにはいかないなぁ・・・と。
自分の身はひとつしかないので、効く可能性の高い、エビデンスのしっかりしたものから、順に試していきたいと思っておりま~す(^^)/

投稿: yue少納言 | 2006年3月 1日 (水) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54194/869902

この記事へのトラックバック一覧です: 病気判明時のはなし・7:

« 病気判明時のはなし・6 | トップページ | セカンドオピニオン・前夜 »